これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 自然災害

トルコM6.8、アラスカM6.1、ソロモン諸島6.3。連日のように地球で発生しているマグニチュード6超の地震

投稿日:


2020年1月25日 トルコ・エラズー県 fobos




 

1月24日から 27日までに、マグニチュード 6を超える地震が 3回発生しまして、ほぼ毎日のように大地震が起きている状況となっています。

発生したのは以下の場所です。

・2020年1月24日 トルコ東部 M6.8

・2020年1月26日 アラスカ・アンドレアノフ諸島 M6.1

・2020年1月27日 ソロモン諸島沿岸 M 6.3

2020年1月24日-27日までにM6以上の地震が発生した場所

この中で、アラスカとソロモン諸島の地震については、特に大きな被害は報告されていないようですが、トルコのマグニチュード 6.8の地震は、大変な被害を出しています。

CNN によれば、1月27日までに、トルコでの地震による死者は 36人となり、1600人以上が負傷して病院に搬送されているとのことです。

倒壊した家屋や建物や、損傷を受けている家屋が大変に多く、まだ全体の被害は完全に把握されていないとみられ、被害はさらに拡大する可能性もあります。


NHK

トルコは、アラビアプレートとユーラシアプレートの境界上にあるため、比較的地震が多い国ですが、そのたびに大きな被害が出ます。

今回の被害を見ますと、M6級の地震にしては、大きな建物の倒壊ぶりが激しいですので、何らかの地質的な特徴があるのか、耐震設計があまりなされていないのか、どちらかだと思いますが、甚大な影響を受けてしまったようです。

また、1月26日にマグニチュード 6.1の地震が起きたアラスカ・アンドレアノフ諸島では、この 1週間で M4.5以上の地震が 12回起きており、群発地震のような状態となっています。

アメリカ地質調査所(USGS)は、M4.5以上の地震を大地震と区分しています。

今年に入ってからは、以下のふたつの記事などでも取りあげましたように、災害級の地震がかなり連続して起きています。

プエルトリコ : キリスト教の祝日「公現祭」の日から二日連続でマグニチュード6級の大地震が発生し、非常事態が宣言される

イランの原子力発電所近くで2度の大きな地震が発生。起きたのは、イランが米軍基地へミサイル攻撃をした数時間後

地震は集中的に起きる傾向がありますので、やや気になるところではあります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.