これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象

ペルーを襲っている極端な寒波で子どもを含む50名近くが死亡し、アルパカなど動物6万頭以上が死んでいる

投稿日:2016年7月18日 更新日:

2016年7月14日のペルーの報道より

peru-cold-61000-animals-deaddiariocorreo.pe

 

南半球は今は冬ですので、1年のうちで最も気温が低くなる時期ではあるのですが、今年の南米は、かなり多くの国や地域に例年以上の寒波が訪れています。

今年の8月にオリンピックがおこなわれるかもしれないブラジルでも、今年は異例の低い気温が続いていまして、6月頃に激しい低温に見舞われる地域があったことを記事にしたこともありました。

ブラジルに歴史的な寒波が到来 : 南部サンタカタリーナ州では異例のマイナス20℃に
2016/06/10

Sponsored Link


 

そして、今、南米のペルーの一部の地域が激しい寒波に見舞われています。

冒頭の報道によりますと、今年5月から続く低温のため、ペルーでは、

・アルパカ 4万4426頭
・ラマ 3902頭
・羊 4370頭
・牛 4183頭

が死亡したとのことで、また、農地も霜や寒さのために 30万ヘクタールの作物がやられてしまったそうです。

実は、ペルーは昨年も激しい寒波に見舞われていまして、昨年の寒波はペルー史上で最も大きな被害を出したもので、最終的に「 100万頭の動物が死亡する」という事態となったことを昨年ご紹介したことがあります。

ペルーの寒波によるアルパカなど動物の死亡数は「100万頭」に達し、同国史上、最悪の被害に
2015/08/14

もし、今年のペルーの寒波が昨年と匹敵するようなものとなれば、また大きな被害となってしまう可能性もあります。

また、動物だけではなく、人にも大きな影響が出ていて、ペルーのプーノというところでは、寒さのため、少なくとも 12人の子どもを含む 47人の方が亡くなっていることが報じられています。

2016年7月12日のペルーの報道より

puno-cold-2016larazon.pe

 

南米がこのような異例の寒波に見舞われている一方で、現在、アメリカ、イタリア、ロシアの一部などでは激しい熱波に見舞われていて、特にロシアのロストフ州というところなどでは、「 42℃」という、ロシアでは過去に経験したことのない気温が記録されています。

2016年7月15日のロシアの報道より

russia-42crg.ru

どちらの方向に進んでも、「極端」という形容が似合うこの7月の地球ですが、日本はこれからどちらの方向に進むのでしょうかね。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-ミニ氷河期の到来, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.