これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 大量死 疾病と感染症

米ワクチン有害事象報告に見るガンの事例

投稿日:




 

このブログでは、定期的に、アメリカ CDC のワクチン有害事象報告 (VAERS)の全体的な数値をご紹介しています。最近の記事は以下となります。

[定期]アメリカの10月22日までのワクチン接種後の有害事象報告は 83万7595件、死亡事例は 1万7619件に

この有害事象の中には「ガン(癌)」の有害事象が報告されている事例もあります。

最近、 In Deep で以下のふたつの記事を書きまして、最近は、「ガンとの関係」についても強く考えるようになりました。

 

ガン化していく世界 : ふたつの免疫抑制/免疫不全が発生するメカニズムを論文から知る
In Deep 2021年10月26日

ワクチンとガン発生について改めて考える
In Deep 2021年10月11日

 

そこで、アメリカの有害事象報告から、「ガン」について報告されている中の、これらはもちろんほんの一部ですが、ご紹介したいと思います。

フランスの医学博士であるニコール・ドレーピー氏が寄稿した文書には以下のようなことが書かれていました。

明らかに以下の 3つの状況があるようです。

 ・接種後急速に(2週間から数ヶ月)ガンが出現し、以前は既知の癌性病変がなかった人において急速に進行する。

 ・数ヶ月または数年完全に寛解している患者のガンの再発。

 ・まだ制御されていないガンの急速な、さらには爆発的な病気の進行。

これを再現するような「急激なガンの発生」、「急激な進行」の事例がそれなりに見られます。

文章にある「 VAERS ID 数字」は、個別のケースの臨床ページへのリンクとなっていまして、担当医などによりさらに詳しく説明されているものもあります。

繰り返しますが、あくまで、これらは全体のまったくほんの一部です。

 


 

CDC 有害事象報告からのガンとの関係のいくつかの事例

53歳 女性 / 乳ガン
2020年12月23日にモデルナ接種後 4ヶ月後に炎症性乳ガンを発症

VAERS ID 1684985

[詳細]健康的な 53歳女性。モデルナ社ワクチン接種 2か月後の通常のスクリーニング・マンモグラムでは異常がなかった。 4か月後、「非常に攻撃的な炎症性乳ガン」と診断された。化学療法を開始した。

 

60歳 男性 / 腺ガン他、多数の腫瘍
5月16日にワクチンを接種。その3日後に腺ガンが発生 / 8月19日に死亡

VAERS ID 1697379

[詳細]投与後 3日後に首に2つのしこりが発生。2度目のワクチン接種後 4週間で、リンパ腫と診断され、イメージングにより、1つの脳腫瘍、3つの脳腫瘍、7つの脳腫瘍、体内に多数の腫瘍、右眼に1つの腫瘍があり、杯細胞腺ガンとされる。このガンは 100万人に1人の非常に稀なものだ。

 

27歳 女性 / 急性リンパ芽球性白血病
妊娠25週目の女性。胎児は死亡

VAERS ID 1651636

[詳細]6月14日にワクチンの2度目の接種。その1週間後に大きなリンパ節が右耳の後ろに現れる。別の週に、別のしこりが左耳の後ろに現れ、さらに、首の周りと頭の後ろにさらに飛び出した。2回目接種の 30日後、急性リンパ芽球性白血病と診断された。彼女は化学療法を受け、胎児は25週で死亡した。

 

55歳 女性 / 乳ガン
6月22日にワクチン接種。その 3日後に炎症性乳ガンを発症。

VAERS ID 1641095

 

69歳 女性 / 神経膠芽腫 (末期脳腫瘍)
3月4日に2回目のファイザーワクチン接種。4ヶ月後に、ステージ4の末期がん

VAERS ID 1646951

[詳細]2回目の投与から4か月後に、ステージ4の末期がんと診断。医師は、この腫瘍が生まれて 3か月であると推定し、ワクチン接種と完全に一致した時期となると報告。回復せず。

 

57歳 女性 / 乳ガン
ワクチン接種後 1ヶ月と15日後にリンパ節の腫れ

VAERS ID 1623680

[詳細]3月にワクチンを接種し、4月下旬にマンモグラムを撮影したが、リンパ節が腫れていた。医者は3ヶ月後にチェックに戻るように述べ、3か月後に戻ったとき、転移性乳がんにかかっていた。

 

83歳 女性 / 肺がん
脳と脊椎に転移。接種51日後に死亡

VAERS ID 1664657

[詳細]ワクチン接種以来寝たきりになった。その後、これまで知られていなかった肺がんを示した。X線は、脳と脊椎に転移を示した。また、腰椎の骨折を引き起こした。接種後 51日後に亡くなった。

 

36歳 女性 / 急性白血病
妊娠33週目の女性。本人は接種1ヵ月後に白血病と頭蓋内出血で死亡

VAERS ID 1669875

[詳細]妊娠33週目にファイザー社ワクチンを接種。その 9日後、早産となり、帝王切開で双子を出産。彼女は、白血病と診断された。19日後に大量の脳出血で亡くなった。

 

87歳 男性 / 多発性骨髄腫
ワクチン接種後 7週間後に多発性骨髄腫と診断され死亡

VAERS ID 1471305

[詳細]ワクチン接種の2日後、背中に放射状に広がる腹痛を発症し、数回の検査の後、7週間後に多発性骨髄腫と診断され、失明して亡くなった。

 

70歳 女性 / 急性骨髄性白血病
2月1日にファイザー社ワクチンを接種し、2月19日に急性骨髄性白血病で死亡

VAERS ID 1103186

 

66歳 男性 / 寛解していた胃ガンが再発
接種後 2日でガンが悪化

VAERS ID 1066305

[詳細]患者は寛解していた胃ガンを患っていた。ワクチンを接種してから 48時間以内に、腹部の不快感と腫れが徐々に増加し、ワクチン接種から1週間以内に悪性腹水症の診断に至った。

 

77歳 男性 / 悪性リンパ腫
ワクチン接種の2〜3週間後、患者は貧血、血小板減少症、頭蓋内出血で入院

VAERS ID 1046027

 

63歳 男性 / 急性白血病
ワクチン接種 10日後に白血病を発症。死亡

VAERS ID 1664813

[詳細]患者は、糖尿病と高血圧を持つ 63歳の男性。ワクチンを接種する 25日前に、血液検査で正常が示されていた。接種の 10日後、検査は白血病を示した。接種の 23日後、入院。その 13日後に亡くなった。







-パンデミック, 大量死, 疾病と感染症
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.