これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 自然災害

ロシア北部ノリリスクで「血の雨」が降る。ちなみに、その日は「アメリカ独立記念日」だったり

投稿日:

ロシアのシベリアン・タイムズの報道より


Blood coloured rain in Arctic? A biblical plague? The apocalypse? What’s going on?

Sponsored Link


 

ロシアの北極圏に近い場所にある「ノリリスク」という街で、7月4日、

「血のような雨が降ってきた」

という出来事が起きました。

この様子は SNS などに多く投稿されまして、コンクリートの地面が「血に染まったように」なっている様子がわかります。

インスタグラムに投稿された7月4日のノリリスクの様子


Instagram

まるで血をかけられたかのような車


siberiantimes.com

ノリリスクの場所

Google Map

この血のような雨の原因については、「金属工場からの物質の拡散による汚染」である可能性が高いと報道では書かれています。

赤い雨が降った場所の近くには金属工場があり、清掃された際に収集された「赤い塵」が処分されないまま残っており、それが暴風などの理由で雨に混じって降ったのではないかと。

しかし、これは確定した理由といわけではないようではあります。

仮にそうだとしても、金属工場の影響でこうまで「血に染まる光景」が実際に現れるというのは不思議な感じがします。

なお、これは全然関係のないことですが、「血」が赤い理由は赤血球のためですが、その赤血球のヘモグロビンは、

・ヘム鉄(要するに鉄)
・グロビン(たんぱく質)

から構成されています。つまり、血というのは、「鉄の一種」ともいえるもので、そういう意味で、今回の血のような雨の原因が、まだ確定されているわけではないですが、「金属工場からの排出物」によって起きたというのは興味深い現象だと思いました。

ちなみに、このロシア・ノリリスクでは、2016年にも「川が血のように赤く染まった」という出来事が起きていまして、その時は以下の記事でご紹介しています。

ロシア・ノリリスクで川が突然「真っ赤な血の色」に染まる。当局は「原因不明の物質によるもの」と発表

2016年9月 ノリリスクで血のような色に染まった川


twitter

この特の原因も汚染ということでしたが、ただ、汚染は汚染でも、この時、ロシア天然資源省は、

「未知の物質による汚染であると考えられる」

と公式に発表しています。ですので、やや不思議な部分を残したままとなっている事象でもありました。

いずれにしても、原因が何であるにしても、「血の雨」やら「血の川」というものは、本来そうそう出現するものではないですが、そういうものが現実として次々と現れる今の世の中は、つくづくすごいと思います。

なお、この 7月4日は、アメリカの独立記念日でした。




-気になるニュース, 異常な現象, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.