これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 自然の力

米アリゾナ州で黙示録的な超巨大ダストストームが発生。それは北緯33度線のフェニックスで消滅した

投稿日:

7月11日のアメリカのメディア報道より


Apocalyptic wall of dust barrels though Arizona desert

Sponsored Link


 

7月10日、アメリカのアリゾナ州の南部で超巨大なダストストーム(砂嵐)が発生したことが報じられていました。

アリゾナは州は砂漠が多いこともあり、小さな砂嵐なら頻繁に起きているのかもしれないですが、この日に起きたのは、中東で起きることのあるアラビア語で「ハブーブ」といわれる砂嵐のような非常に巨大なものでした。

下は撮影された写真の何枚かです。それはメディアが「黙示録的」としたのも理解できる超巨大なもので、アメリカにおいては大変に珍しいものでもあります。

2018年7月10日 米アリゾナ州のダストストーム


instagram.com


katu.com


usatoday.com/


hellolumbini.com


instagram.com

なお、この砂嵐はアリゾナ州の南部で発生し、そこからフェニックスという街のあたりまで移動して、そこで消えていったというようなことだったようです。

7月10日のダストストームの移動経路(推定)


Google Map

この「フェニックス」という名前や言葉は、In Deep では、よく記事で取りあげられる概念でもあります。

比較的最近では、6月に下のような記事を書かせていただき、「これから世界の洪水がひどいことになっていきそうだ」というようなことにふれたこともありますが、まあ、オカルトの範疇ですので、あまりお気になさらないて下さい。

まるで全世界が洪水の中のようだ : フェニックス神の聖地であるレバノンの黙示録的な洪水で想いを強くする「この世の行方」

ただ、このリンクした記事の後半に出てくる3つの言葉、

・「黙示録が今始まった」と自覚するに私を至らせた今の世界
・北緯33度線
・フェニックスという言葉と概念

が、今回の砂嵐と妙に重なりまして、ご紹介させていただいた次第です。

もちろん、こういう曖昧な背景がなくとも、この規模の砂嵐はアメリカではあまり例がないすさまじいものだったということは事実で、それだけでも特筆されるべきものではありそうです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-気になるニュース, 異常な現象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.