これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 自然の力

米アリゾナ州で黙示録的な超巨大ダストストームが発生。それは北緯33度線のフェニックスで消滅した

投稿日:

7月11日のアメリカのメディア報道より


Apocalyptic wall of dust barrels though Arizona desert

Sponsored Link


 

7月10日、アメリカのアリゾナ州の南部で超巨大なダストストーム(砂嵐)が発生したことが報じられていました。

アリゾナは州は砂漠が多いこともあり、小さな砂嵐なら頻繁に起きているのかもしれないですが、この日に起きたのは、中東で起きることのあるアラビア語で「ハブーブ」といわれる砂嵐のような非常に巨大なものでした。

下は撮影された写真の何枚かです。それはメディアが「黙示録的」としたのも理解できる超巨大なもので、アメリカにおいては大変に珍しいものでもあります。

2018年7月10日 米アリゾナ州のダストストーム


instagram.com


katu.com


usatoday.com/


hellolumbini.com


instagram.com

なお、この砂嵐はアリゾナ州の南部で発生し、そこからフェニックスという街のあたりまで移動して、そこで消えていったというようなことだったようです。

7月10日のダストストームの移動経路(推定)


Google Map

この「フェニックス」という名前や言葉は、In Deep では、よく記事で取りあげられる概念でもあります。

比較的最近では、6月に下のような記事を書かせていただき、「これから世界の洪水がひどいことになっていきそうだ」というようなことにふれたこともありますが、まあ、オカルトの範疇ですので、あまりお気になさらないて下さい。

https://indeep.jp/world-of-flood-is-continuing-in-apocalypse/

ただ、このリンクした記事の後半に出てくる3つの言葉、

・「黙示録が今始まった」と自覚するに私を至らせた今の世界
・北緯33度線
・フェニックスという言葉と概念

が、今回の砂嵐と妙に重なりまして、ご紹介させていただいた次第です。

もちろん、こういう曖昧な背景がなくとも、この規模の砂嵐はアメリカではあまり例がないすさまじいものだったということは事実で、それだけでも特筆されるべきものではありそうです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 異常な現象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.