これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

洪水の時代 異常気象 自然災害

ロシアのモンゴルとの国境の地域ザバイカリエで「観測史上最大の洪水」が進行中

投稿日:

7月10日のロシア・リア通信の報道より


ria.ru

Sponsored Link


 

日本は強大な洪水が起きたばかりですが、世界中でも洪水は非常に多くなっていまして、そして、日本ほどの人的被害があるものは少ないとはいえ、どこの洪水も、その規模は大きく、観測史上で例がないほどになっている洪水もあります。

今回ご紹介するロシアの、モンゴルとの国境に面しているザバイカリエ地方で現在起きている洪水もそのようなもののひとつです。

7月10日時点のロシア・ザバイカリエ地方の様子


sputnik-abkhazia.ru


vk.com

この「ザバイカリエ地方」というのは、あまり聞き慣れている地名ではないですが、場所としては以下の地域となります。

ロシアのザバイカリエ地方の場所

Google Map

地図を見てもおわかりのように、ザバイカリエ地方全体は日本列島とも比較できるほどの広大さですが、この中でも、地図「チッタ」と示している地域のあたりが特に被害が大きいようです。

このロシアでの洪水は、先日の日本で発生した洪水のような「短期間のすさまじい豪雨による洪水や土砂崩れによる被害」が起きているというものではなく、「降り続く雨によって、徐々に大きな川の水位が上がり続けていることで、少しずつ街が浸水し続けている」というものです。

ロシア非常事態省によれば、このザバイカリエ地方を流れているチッタ川という川の水位が 405cm を超えていて、これは、「 1936年に観測が始まって以来最大」なのだそうです。

7月10日 氾濫するチッタ川


baikal-daily.ru

現在も川の水位は上昇し続けているようで、今後の天候次第では、さらに洪水の規模が拡大する可能性があるようです。

ロシアでも、気候の変化に伴い、この数年は「かつて経験したことのない洪水」に見舞われる場所が増えていますが、洪水が本格化するシーズンはこれからですので、ロシアでは今年もまた、これまでと違う自然災害が数多く起きていく可能性が高いように思われます。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-洪水の時代, 異常気象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.