これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常 大量死 異常な現象

イギリスで病院の壁に鳥たちが次々と「自らぶつかり自死」する事象が発生。原因不明ながら、この病院は最新の5Gテクノロジーを導入したばかりの模様

投稿日:

2019年10月17日のイギリスの報道より

coventrytelegraph.net




つい先日、米ノースカロライナ州で、「ビルの壁に鳥の集団が次々と衝突して死亡する」という出来事について以下の記事でご紹介いたしました。

米ノースカロライナ州の全米自動車競争協会ビルに「300羽以上の鳥が、自ら衝突して集団自死する」事案が発生

イギリスでも、「謎の鳥の墜落死」が発生していたことが、英国の報道で明らかになりました。

10月7日、イングランドにあるコンベントリーという街の大学病院の屋外フロアに、数多くの鳥たちが、床に落下して死亡しているのが発見されたのです。

2019年10月7日 英コベントリー大学病院にて

Joshua Brown

以下の動画は、その様子が撮影された動画からの抜粋です。

英コベントリーの場所

Google Map

どうやら、短時間のあいだに、次々に鳥が落下して死亡していったようなのですが、これまでこの地において、このようなことが起きたことはありません。

報道によれば、コベントリー大学病院側は、この出来事が起きた後に、すぐに警察と英国動物虐待防止協会(RSPCA)に連絡を取り、原因究明を依頼しました。

動物虐待防止協会は、野生動物を保護する観点から、このような原因不明の動物の大量死の際にも、調査に当たるのだそうです。

現時点では、原因はわかっていませんが、ただ、報道によれば、この大学病院は最近、新しい5G (第5世代携帯)インターネット・テクノロジーシステムを導入したようで、「それが原因ではないか」というようなことを言う人たちもいるようです。

5Gテクノロジーの環境への影響については、いろいろと言われる部分もありますが、すでに設置・採用が進んでいるテクノロジーでもあります。

因果関係は不明ですが、アメリカとイギリスで連続して「謎の鳥の落下事象」が続いていることは気になります。

他の国でも頻発し始めた場合、原因は磁場であれ 5Gであれ、あるいは他であれ、何か大きな異変が地球の「空間」に起きていることを示しているかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-動物の異常, 大量死, 異常な現象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.