これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常気象 自然災害

台風20号(英名:ノグリー)が突如進路を変え、日本列島に向けて進行中。さらにその後、日本に向かう台風21号も発生する予測

投稿日:

2019年10月19日に予測が大きく変わった台風20号の予想進路

wunderground.com




台風19号の被害の余韻がまったく収まっていない中ですが、次に発生した台風20号(ノグリー)が、当初の進路予測を大きく変え、日本列島に向かって進んでくる予測に変更となっています。

台風20号の衛星写真

NOAA

台風20号が発生した10月18日時点での予測では、そのまま台湾、中国大陸方面へと進み、日本列島には影響を与えない予想だったのですが、10月19日になって、世界中の気象機関の予測が変更となり、

「日本列島に向かって進行してくる」

ことが確定的になりました。

今後の進路予測は、予想円が非常に大きく、どのように進行するかは不確実であるようです。

気象庁の予想円は以下のようになっていますが、やはり10月22日以降は、予報円が大きく、どこに進行するか今のところ何とも言えないようです。

日本の気象庁の予測

気象情報

アメリカの予測では、以下のようになっていまして、日本列島への直撃は避けられるという予測が多くなっています。しかし、現時点ではやはり確実なことはわからないというのが、最も現実に近い予測です。


wunderground.com

当初の予測から十数時間後に「まったく進路予想が変わる」というのが、いかに大気の流れが安定していないかを物語るもののような気もします。

この台風20号そのものは、勢力も弱く、それほど大きな影響はないかもしれないですが、それでも日本列島にある程度の影響を与えることにはなりそうです。

被災地の方々にとっては厳しい時間となってしまうのかもしれません。

 

[追記 2019/10/19]

上の記事を書きました後、グアム東部の低気圧が、10月20日頃までに台風に発達する見込みだと報じられていまして、台風21号が発生する予測となっています。これが、まだ予測はできないものの、この台風も日本へ近づく可能性が高くなっています。

10月20日頃までに台風21号となると見られる低気圧の進路予想

ウェザーニュース

もし、これらの台風20号と21号が、日本を直撃するか、影響を与えるとした場合、台風19号から 3連続で、日本は台風の影響を受けることになります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-気になるニュース, 異常気象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.