これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 異常気象

ヨーロッパから北アフリカに異様な熱波。アルジェリアではかつて1度も記録したことのない最高気温「51℃」を記録

投稿日:

米ワシントンポストの報道より


washingtonpost.com

Sponsored Link


 

日本が未曾有の大雨被害を受けていたこの数日間、世界の各地でも、さまざまな異常、あるいは異様な気象、気温、現象が相次いでいました。

今回は、その中の「南欧からアフリカの異常な気温」についてご紹介したいと思います。

先週からヨーロッパからアフリカにかけて、激しい熱波に見舞われていまして、その中で、北アフリカの一部では「これまで1度も経験したことのない気温」となっている場所が出てきています。

アルジェリアのワルグラという街では 51.3℃という非現実的ともいえる気温が記録されています。

冒頭のワシントンポストの記事の図に注釈を入れますと、下のようになります。

7月5日の北アフリカの最高気温の分布


washingtonpost.com

なお、アフリカというと非常に暑い地域というイメージがありますけれど、北アフリカのアルジェリアという国は、全体としては決して暑すぎるような国ではないです。

たとえば、アルジェリアの首都アルジェの7月の平均最高気温は 31.2℃です。これは比較としては、たとえば、沖縄の那覇の 7月の平均最高気温は 31.8℃ですので、7月だけの比較でしたら、沖縄の方が暑いことになります。

特に、今年の初めのアルジェリアでは「観測史上でも珍しい雪」が降ったことなどを下の記事でご紹介したこともあります。

アフリカのアルジェリア北部の雪が1週間降り止まず、サハラ砂漠の一部は完全な銀世界に

その 7月のアルジェリアで 51.3℃……。

ワシントンポストによれば、この気温は、「アフリカでの歴史上の最高気温の記録に近いか、場超えているかもしれない」とのことです。なぜ「かもしれない」という表現なのかというと、アフリカの過去の最高気温の記録には信用性のないものも多く、どれが最高気温か正式に決めるのが難しいそうです。

現時点で、アフリカ大陸の過去の記録として正式な記録とされるものは、

1961年 7月 13日にモロッコで観測された 50.7℃

だそうです。

また、地中海を挟んだ南ヨーロッパから、トルコなどの中東、そして北アフリカはどこも気温が高くなっていて、下は 7月5日のその地域の気温の分布です。

気温の色分布は、高い順に、

薄い紫
 濃い紫
 濃い赤
 オレンジ
 黄色

というようになっています。紫の地域は 40℃以上となっています。

2018年7月5日のヨーロッパから北アフリカの最高気温


Severe WWeather EU

この地中海周辺の異様な気温については、いろいろ原因はあるのでしょうけれど、思い出すのは、6月に下の記事でご紹介しました「地中海の海水温度が以上に高い」ことです。

ヨーロッパの地中海での海水温度が完全に異常な状態となっており「通常より5℃高い」海域も。原因は不明

どのくらいの関係があるかはわからないにしても、「まったく関係がない」と言えるのかどうかはわかりません。

いろいろどうなっていくのでしょうかね。




-気になるニュース, 異常な現象, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.