これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 気になるニュース 異常な現象

アメリカのシアトルに出現した、あまりにも鮮やかな「不完全な虹」

投稿日:

7月6日 ワシントン州シアトルにて


Anthony Kuempel

Sponsored Link


 

アメリカ北西部のワシントン州最大の都市であるシアトルにお住まいのカメラマンが、7月6日、「不完全な虹」を撮影したことが話題となっています。


Anthony Kuempel

不完全な形の虹は、「何となく曖昧に一部が消えているような不完全なもの」なら見かけるものではあります。

たとえば下のような感じのものです。

2008年5月 ウクライナのプーリクにて


Poolik vikerkaar, Incomplete rainbow

しかし、このシアトルの虹は、バサッと途中で切られたかのように分断していて、こういう形のものは珍しいと思います。

下は、やはり 7月にロシアのモスクワで撮影されたもので、不完全な虹のような趣をしていますが、これは彩雲に近いもののようです。

このような「虹のように見えるけれど、彩雲などの光学現象だった」という場合なら似たような現象は起きたりします。

7月1日 ロシア・モスクワにて


vk.com

そして、今回のシアトルの「不完全な虹」に関心を持ったのは、「不完全なのに、とても鮮やか」だということでした。


Anthony Kuempel

 

最近、以下のようなタイトルの記事を書きました。

https://indeep.jp/alteration-of-world-rainbows-is-meaning-something/

そこでも、やや不思議な虹などをご紹介していますが、虹が妙に日々鮮やかになっているような気がしていまして、そして、場合によっては「形が不自然に」なってきている気もします。

虹は単なる「現象」であり、一般的にはそれ以上の意味はないですが、しかし、私個人の中では、虹はそれなりに意味を持つものでもあります。

それについては上にリンクしました記事にも書いていますけれど、「虹が変わっていく」ということの中で起きている最近の世界の状況などを見まして、いろいろと思うところもある次第ではあります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-奇跡の光景, 気になるニュース, 異常な現象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.