これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 気になるニュース 異常な現象

アメリカのシアトルに出現した、あまりにも鮮やかな「不完全な虹」

投稿日:

7月6日 ワシントン州シアトルにて


Anthony Kuempel

Sponsored Link


 

アメリカ北西部のワシントン州最大の都市であるシアトルにお住まいのカメラマンが、7月6日、「不完全な虹」を撮影したことが話題となっています。


Anthony Kuempel

不完全な形の虹は、「何となく曖昧に一部が消えているような不完全なもの」なら見かけるものではあります。

たとえば下のような感じのものです。

2008年5月 ウクライナのプーリクにて


Poolik vikerkaar, Incomplete rainbow

しかし、このシアトルの虹は、バサッと途中で切られたかのように分断していて、こういう形のものは珍しいと思います。

下は、やはり 7月にロシアのモスクワで撮影されたもので、不完全な虹のような趣をしていますが、これは彩雲に近いもののようです。

このような「虹のように見えるけれど、彩雲などの光学現象だった」という場合なら似たような現象は起きたりします。

7月1日 ロシア・モスクワにて


vk.com

そして、今回のシアトルの「不完全な虹」に関心を持ったのは、「不完全なのに、とても鮮やか」だということでした。


Anthony Kuempel

 

最近、以下のようなタイトルの記事を書きました。

オスプレイの離着陸を間近に見た翌日、自分が生まれてから見た中で最も鮮やかな二重の虹を見た日に思う「なぜ世界中の虹は日々明るくなり続けているのか」

そこでも、やや不思議な虹などをご紹介していますが、虹が妙に日々鮮やかになっているような気がしていまして、そして、場合によっては「形が不自然に」なってきている気もします。

虹は単なる「現象」であり、一般的にはそれ以上の意味はないですが、しかし、私個人の中では、虹はそれなりに意味を持つものでもあります。

それについては上にリンクしました記事にも書いていますけれど、「虹が変わっていく」ということの中で起きている最近の世界の状況などを見まして、いろいろと思うところもある次第ではあります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-奇跡の光景, 気になるニュース, 異常な現象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.