これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 大量死 気になるニュース

欧州医薬品庁の公式なヨーロッパでのワクチン有害事象データベースの報告数は、死亡例が 7700件超、総有害事象例は 33万件に達していた

投稿日:





 

アメリカ CDC のワクチン有害事象報告は定期的に更新させていただいていますが、ヨーロッパについては、今から 1ヶ月ほど前に以下の記事で、ヨーロッパの欧州医薬品庁の「ユードラ ビジランス (EudraVigilance)」 という、薬品とワクチンの有害事象データベースについてご紹介しました。

欧州医薬品庁のデータベースが示す「ヨーロッパでのコロナワクチン有害事象」は、報告数 16万2,610件、死亡事例は 3,964件。副反応の比率は女性が圧倒的多数であることも判明
投稿日:2021年3月29日

それから1ヶ月ほどが経過した現在、ユードラ ビジランスで示される報告数は、

・有害事象報告数 33万218件

・死亡事例報告数 7,766件

となっていることを知りました。

ヨーロッパの全体の人口は、7億4000万人程度で、アメリカの人口の倍以上ですので、アメリカでの事例よりも実数で多いことは理解できます。

このヨーロッパのワクチン有害事象の状況も定期的にお伝えできればとは思うのですが、この欧州医薬品庁のデータベースの検索はとにかく複雑で、個人ではなかなか追跡できません。

対象の国も複数であるし、症状も、ワクチンのメーカーも複数ですので、データベースが複雑化するのは仕方ないかもしれません。

最近、ヘルス・インパクト・ニュースという代替医療系メディアが、4月17日までの欧州医薬品庁のデータベースを集計した結果を報じていました。

その記事とグラフをご紹介させていただきますが、前回のヨーロッパのデータを見た時にも思ったのですが、「国によりあまりに差が大きい」のです。人口比や、接種した人の数の比率などを考慮しても、「ちょっと偏りすぎでは」と思うのですが、理由はわかりません。

具体的には、イタリア、フランス、オランダ、スペインなどでの有害事象例が圧倒的に多いです。

では、ここから記事です。


7,766件の死例と 330,218件の有害事象例 : COVID-19 ワクチンに対する薬物有害反応のヨーロッパ・データベース

7,766 DEAD 330,218 Injuries: European Database of Adverse Drug Reactions for COVID-19 “Vaccines”
healthimpactnews.com 2021/04/24

ヨーロッパでの薬物によることが疑われる有害事象反応報告の公式なデータベースに、欧州医薬品庁のユードラ ビジランスがある。このデータの COVID-19 ワクチン後の負傷と死亡の報告を調査した。

その結果、2021年4月17日までのユードラ ビジランスの報告は、COVID-19ワクチンの接種後、7,766件の死亡事例と 330,218件の有害事象例をリストしていた。

データベースで示されているワクチンは、以下の 4社のものだ。

ファイザー社 COVID-19 mRNAワクチン(BNT162b2)
モデルナ社 COVID-19 mRNAワクチン(CX-024414)
アストラゼネカ社 COVID-19ワクチン(CHADOX1 NCOV-19)
ヤンセン社 COVID-19ワクチン(AD26.COV2.S)

以下が、集計した 2021年4月17日までの要約データだ。(※ 訳者注 / ヤンセン社のものは総接種数が著しく少ないですので割愛しました)

ファイザー社 COVID-19 ワクチン(BNT162b2)

死亡事例     4,293件
有害事象報告 144,607件

障害事例で多い順(記事にはすべて載せられていますが、死亡事例が多い上位とします)

・感染症   有害事象報告数 9,534件 死亡報告数 512件

・心臓障害  有害事象報告数 6,993件 死亡報告数 499件

・呼吸器障害 有害事象報告数 13,181件 死亡報告数 490件

・神経系障害 有害事象報告数 63,051件 死亡報告数 393件

・胃腸障害  有害事象報告数 32,024件 死亡報告数 216件

・血管障害  有害事象報告数 7,694件 死亡報告数 152件

 

モデルナ社 COVID-19 ワクチン(CX-024414)

死亡事例    2,094件
有害事象報告 15,979件

障害事例で多い順(記事にはすべて載せられていますが、死亡事例が多い上位とします)

・神経系障害 有害事象報告数 6,834件 死亡報告数 215件

・胃腸障害  有害事象報告数 32,024件 死亡報告数 216件

・心臓障害  有害事象報告数 1,184件 死亡報告数 206件

・呼吸器障害 有害事象報告数 2,019件 死亡報告数 181件

・感染症   有害事象報告数 1,299件 死亡報告数 107件

・血管障害  有害事象報告数 1,035件 死亡報告数 68件

 

アストラゼネカ社 COVID-19 ワクチン(CHADOX1 NCOV-19)

死亡事例    1,360件
有害事象報告 169,389件

障害事例で多い順(記事にはすべて載せられていますが、死亡事例が多い上位とします)

・神経系障害 有害事象報告数 103,240件 死亡報告数 207件

・心臓障害  有害事象報告数 6,744件 死亡報告数 172件

・呼吸器障害 有害事象報告数 14,224件 死亡報告数 130件

・感染症   有害事象報告数 9,789件 死亡報告数 88件

・血管障害  有害事象報告数 7,427件 死亡報告数 78件

・胃腸障害  有害事象報告数 52,560件 死亡報告数 54件


 

ここまでです。

国別の数の偏りが、統計的な問題のようなものに起因するものなのか、他の何かの要因があるのか、そのあたりを知りたいです。







-パンデミック, 大量死, 気になるニュース
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.