これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 大量死 異常な現象

[定期]アメリカの6月11日までのワクチン接種後の有害事象報告数は 35万8379件、死亡例は 5993件に。15歳から16歳の 7人が死亡

投稿日:




 

米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。

今回は 6月11日までの有害事象報告データです。

6月4日時点のデータは、以下の記事にあります。

[定期]アメリカの6月4日までのワクチン接種後の有害事象報告数は 32万9021件、死亡例は 5888件。「流産・死産」は 666件に
投稿日:2021年6月12日

以下は、現時点で最新の 6月11日までの CDC の有害事象報告データです。


VAERS

有害事象の全体の報告数、死亡報告数、重症報告数のそれぞれの前回からの 1週間の推移は以下のようになります。

・有害事象報告 32万9,021件 → 35万8,379件(前週から 2万9,358件増加)

・死亡事例報告数 5,888件 → 5,993件(前週から 105件増加)

・重症事例報告数 2万8,441件 → 2万9,871件 (前週から 1,430件増加) データ

6月4日までの有害事象の内訳は、文字にしますと、以下のようになります。

新型コロナワクチンの有害事象報告
2021年6月11日までの全報告数 294,801件

・死亡 5,993件
・永続的な障害 4,874件
・受診 65,621件
・緊急病院に搬送 47,791件
・入院 20,692件
・生命への脅威 6,156件

日本でも、若い世代への接種が始められていますが、アメリカでは、先月から十代の若者たちの接種が進んでいますので、その年代層の有害事象の報告からご紹介させていただきます。

 

十代の有害事象と死亡事例

アメリカの 12歳から 17歳の有害事象報告は、接種が始まって以来大幅な増加を示し続けています。

・12歳から17歳の有害事象報告 6,322件データ 前回 5,367件

・12歳から17歳の重症事例 271件データ前回は 165件

以下は、この年代の重い事例の報告数と、死亡事例です。12歳から 17歳まで 7人の若者が接種直後に亡くなっています。

・12歳から17歳のアナフィラキシー事例報告 974件データ

・12歳から17歳の心臓障害の事例報告 109件データ

・12歳から17歳の血液凝固障害の事例報告 24件データ

 

・12歳から17歳の「死亡」事例報告 7件データ

 

この 12歳から17歳の死亡事例の 7人の内訳は以下のようになります。

2021年6月11日までの12歳から17歳の 7人の死亡事例詳細

15歳 / 女性 / ニューハンプシャー州
[症状]アナフィラキシー反応、心停止
[接種から死亡まで] 1日 (ID 1187918

16歳 / 女性 / ウィスコンシン州
[症状]心停止
[接種から死亡まで] 11日 (ID 1225942

15歳 / 男性 / コロラド州
[症状]心不全
[接種から死亡まで] 2日 (ID 1242573

15歳 / 性別不明
[症状]心停止
[接種から死亡まで] 不明 (ID 1353097

15歳 / 男性 / カリフォルニア州
[症状]死亡
[接種から死亡まで] 0日 (ID 1382906

15歳 / 男性 / カリフォルニア州
[症状]死亡(突然死)
[接種から死亡まで] 1日 (ID 1383620

16歳 / 男性 / ジョージア州
[症状]胃腸穿孔、状態悪化、死亡
[接種から死亡まで] 4日 (ID 1383620

このようになっています。

7人のうち 4人が、接種後 48時間以内に亡くなっています。

なお、十代の有害事象のワクチンのメーカー内訳は、以下のようになっています。

12歳から17歳の有害事象報告のあった種類

・ファイザー社ワクチン  98%
・モデルナ社ワクチン   1.4%
・ジョンソン&ジョンソン  0.2%

十代では、圧倒的にファイザー社の有害事象報告が多いようです。

次に全体です。

 

毎回個別で見ている「ベル麻痺(顔面麻痺の一種)」「流産や胎児への影響」「アナフィラキシー反応」は以下のようになっています。

ベル麻痺(顔面神経麻痺) 1,968件データ) 前回 1,825件 

妊娠/胎児への影響 2,283件データ) 前回 2,154件
そのうち流産と早産 707件 データ) 前回 666件

アナフィラキシー反応 100,736件データ)前回 92,929件 

「血栓、血液凝固あるいは血小板減少」の報告は以下のようになっています。

血栓 / 血液凝固 / 血小板減少 6,352件データ) 前回 5,907件

ギランバレー症候群は以下のようになっています。

ギランバレー症候群 358件 データ前回は、335件 

 

若い世代への接種が拡大する中で、十代の有害事象と死亡事例も拡大しています。

今後も同じようなペースで加速し続けると予想されます。

日本でも、若い人たちに接種が進んだ場合、同様の事例が起こる可能性が高いですが、日本の場合は、報告はなされないままになるようにも思います。







-パンデミック, 大量死, 異常な現象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.