これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 大量死 異常な現象

[定期]アメリカの10月29日までのワクチン接種後の有害事象報告は 85万6919件、死亡事例は 1万8078件に。13歳と16歳の少女が新たに死亡

投稿日:2021年11月6日 更新日:




 

米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。

今回は、10月29日までの以下のデータからです。

Found 856,919 cases where Vaccine is COVID19

前回分は以下になります。

 

[定期]アメリカの10月22日までのワクチン接種後の有害事象報告は 83万7595件、死亡事例は 1万7619件に。ヨーロッパでは、ワクチン接種率の高低関係なく感染拡大が無制御の傾向に

 

現時点で最新の CDC の有害事象の全体の報告数、死亡報告数、重症報告数のそれぞれの前回からの 1週間の推移は以下のようになります。

・有害事象報告 83万7,595件 → 85万6,919件(前週から 1万9,324件増加)

・死亡事例報告数 17,619件 → 18,078件(前週から 459件増加)

・重症事例報告数 12万7,457件 → 13万1,027件 (前週から 3,570件増加) データ

まず、若い世代の有害事象報告です。

 

 

十代の有害事象と死亡事例

・12歳から17歳の有害事象報告 17,111件データ 前回 16,716件

・12歳から17歳の重症事例 1,507件データ前回は 1,435件

・9歳から12歳の有害事象報告 897件データ前回は 878件

以下は、12歳から17歳の重症の事例の報告数と、死亡事例です。

・12歳から17歳のアナフィラキシー事例報告 3,082件データ) 前回は 2,976件

・12歳から17歳の心臓障害の事例報告 557件データ) 前回は 540件

この「心臓に関しての有害事象」ですが、最近 In Deep で書いた記事の中で、「心臓の細胞は増殖しない」ことを知りました。

すなわち、一度損傷を受けた心臓の筋肉は元に戻らないようなのです。以下は、科学者の荒川央さんの note の自らの記事のコメントからです。

> 心臓を構成する心筋の細胞は代表的な増殖をしない細胞の一つです。つまり損傷した部位は修復されませんので、一生そのトラブルを抱え続けなければいけなくなるという事です。 note

若い人であっても、心臓に損傷を受けると、一生の損傷となってしまう可能性があるようです。

また、イギリス政府機関の英国民保健サービス(NHS)で、30年にわたる外科医担当としてのキャリアを持つアンソニー・ヒントン博士という方が自らのツイートで以下のように書かれていました。

心筋炎は基本的にウイルスが原因となるものです。

ウイルス性心筋炎は、2年後には 10人に 2人、5年後には 10人に 5人が死亡します。

これは穏やかな話ではありません。それは死んだ心筋です。

Dr. Anthony Hinton

続けます。

 

・12歳から17歳の血液凝固障害の事例報告 117件データ) 前回は 116件

・12歳から17歳の「死亡」事例報告 29件データ) 前回は 27件

 

12歳から17歳の死亡事例は前回から 2例増加して、29件となりました。

メリーランド州の13歳の女性(ID 1815096)とミズーリ州の16歳の女性(ID 1823671)です。

メリーランド州の13歳の女性は、急性膵炎、神経弛緩性悪性症候群、非感染性脳炎などを発症し、接種後 15日目に死亡しました。ミズーリ州の16歳の女性の死因は不明です。

データを見てみると、もう 1人が新しくデータに入っていまして、前回見逃したのかもしれないですが、注意欠陥多動性障害の病歴を持つ 16歳の男性が、接種 8日後にアパートから飛び降りて死亡しています(ID 1576798)。自死と判定されています。

以下は 12歳から17歳のアメリカでの死亡事例の詳細です。ID 番号のリンク先に詳細な個別臨床データページがあります。

12歳から17歳までの全死亡事例リスト

2021年10月29日まで

15歳 / 女性 / ニューハンプシャー州
[症状]アナフィラキシー反応、心停止
[接種から死亡まで] 1日 (ID 1187918

16歳 / 女性 / ウィスコンシン州
[症状]心停止
[接種から死亡まで] 9日 (ID 1225942

15歳 / 男性 / コロラド州
[症状]心不全
[接種から死亡まで] 2日 (ID 1242573

16歳 / 男性 / カリフォルニア州
[症状]死亡(原因不明)
[接種から死亡まで] 48時間以内 (ID 1382906

16歳 / 男性 / ジョージア州
[症状]胃腸穿孔、状態悪化
[接種から死亡まで] 4日 (ID 1386841

13歳 / 男性
[症状]インフルエンザ様疾患が2日間続いた後に死亡
[接種から死亡まで] 2日 (ID 1406840

16歳 / 女性 / ペンシルベニア州
[症状] 胸痛、血球貪食性リンパ組織球症、心嚢液貯留、長期入院、死亡
[接種から死亡まで] 73日 (ID 1420630

13歳 / 男性 / ミネソタ州
[症状] 小脳出血、 心停止、死亡
[接種から死亡まで] 17日 (ID 1431289

13歳 / 男性
[症状] 不明
[接種から死亡まで] 不明 (ID 1463061

13歳 / 男性
[症状] 心臓肥大、 心筋炎、死亡
[接種から死亡まで] 0日 (ID 1429457

16歳 / 男性 / カリフォルニア州
[症状] 死亡
[接種から死亡まで] 27日 (ID 1466009

16歳 / 男性 / ペンシルベニア州
[症状]死亡
[接種から死亡まで]6日 (ID 1475434

15歳 / 男性 / ニューヨーク州
[症状]失神、心室性頻脈、死亡 (接種後4日目にサッカー場で倒れて死亡)
[接種から死亡まで]4日 (ID 1498080

13歳 / 女性 / メリーランド州
[症状]心室頻拍、死亡
[接種から死亡まで]27日 (ID 1505250

13歳 / 女性
[症状]死亡
[接種から死亡まで]不明 (ID 1655100

16歳 / 女性 / ウィスコンシン州
[症状]肺塞栓症
[接種から死亡まで98日 (ID 1694568

16歳 / 男性
[症状]心不全、心筋症
[接種から死亡まで]23日 (ID 1734141

16歳 / 女性 / テキサス州
[症状]倦怠感、死亡
[接種から死亡まで]1日 (ID 1757635

15歳 / 男性 / ニューハンプシャー州
[症状]心臓内腫瘤、 心筋壊死、 心筋炎 (遊泳中に心臓発作で死亡)
[接種から死亡まで]6日 (ID 1764974

16歳 / 男性
[症状]自死
[接種から死亡まで]8日 (ID 1576798

13歳 / 女性 / メリーランド州
[症状]急性膵炎、神経弛緩性悪性症候群、非感染性脳炎、全身性けいれん発作、死亡
[接種から死亡まで]15日 (ID 1815096

12歳 / 女性 / サウスカロライナ州
[症状]呼吸管出血、死亡 (先天性染色体異常の基礎疾患あり)
[接種から死亡まで]0日 (ID 1784945

16歳 / 女性 / ミズーリ州
[症状]死亡(死因不明)
[接種から死亡まで]91日 (ID 1823671

16歳 / 男性
[症状]自殺 (注意欠陥多動性障害の病歴。接種後8日目にアパートの最上階から飛び降りて死亡)
[接種から死亡まで]8日 (ID 1576798

15歳 / 女性
[症状] 無力症、脳死、心停止
[接種から死亡まで]27日 (ID 1592684

13歳 / 男性
[症状] 多臓器不全、敗血症性ショック
[接種から死亡まで]3日 (ID 1633205

15歳 / 男性
[症状] 死亡
[接種から死亡まで]4日 (ID 1668800

14歳 / 男性
[症状] 肺水腫、心不全
[接種から死亡まで]38日 (ID 1690103

16歳 / 男性
[症状] 心停止、心室細動、腸虚血
[接種から死亡まで]6日 (ID 1702154

16歳 / 女性
[症状] 不明 (午前中に接種を受け、午後にベッドで死亡しているのが発見される)
[接種から死亡まで]不明 (ID 1732657

15歳 / 男性
[症状]脳出血、 脳脳室破裂
[接種から死亡まで]4日 (ID 1755460

次に全体です。

 

全体の有害事象事例

毎回見ている「ベル麻痺(顔面麻痺の一種)」「流産、早産」「アナフィラキシー反応」は、以下のようになっています。

ベル麻痺(顔面神経麻痺) 7,006件データ) 前回 6,839件 

流産・早産・死産 2,666件 データ) 前回 2,599件

アナフィラキシー反応 220,644件データ)前回 216,294件 

「血栓、血液凝固あるいは血小板減少」の報告は以下のようになっています。

血栓 / 血液凝固 / 血小板減少 25,154件データ) 前回 24,526件

ギランバレー症候群は以下のようになっています。

ギランバレー症候群 1,662 件 データ前回 1,604件

 

アメリカでは、5歳から 11歳のワクチン接種も 11月3日から開始されました。

アメリカで5~11歳へのワクチン接種開始

アメリカで5歳から11歳の子どもへの新型コロナウイルスワクチンの接種が始まりました。アメリカで11歳以下の子どもへの接種は初めてです。

ロサンゼルスで3日に始まった5歳から11歳の子どもへの新型コロナウイルスのワクチン接種では従来の3分の1の量のファイザー製ワクチンが使われ、3週間あけて2回目を接種する予定です。 NNN 2021/11/04)

次回あるいは、その次以降の有害事象報告では、11歳以下の報告も見られることになると思われます。







-パンデミック, 大量死, 異常な現象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.