これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

推定で200万匹に1匹という稀少な「遺伝子異常による青いロブスター」が米国のケープコッドで捕獲される。そして、その場所はかつて…

投稿日:

blue-lobster-01Lucky lobster! 1-in-2mn sapphire blue crustacean caught off Cape Cod

 

アメリカ・マサチューセッツ州のケープコッドという海岸沿いの沖で、地元の漁師の方が「青いロブスター」を捕獲したことを、Facebook に投稿し、それ以来、テレビなどをはじめとした各メディアに取り上げられています。

捕獲された青いロブスター

bl-01Boston Globe

bl-02RT

ケープコッドの場所
cape-cod-map・Google Map

Sponsored Link


 

この青いロブスターは実際にかなり稀少なものらしく、米国メイン大学にあるロブスター研究所によれば、

「青いロブスターが生まれる確率は 200万匹に 1匹くらいだろうと思われますが、この数値も推測にしか過ぎません」

とのことで、とても珍しいもののようです。

bl-03RT

ロブスターが青くなる原因は、特定のタンパク質を普通よりも多く生成する原因となる遺伝子の異常であることが判明しているそうです。

 

ちなみに、このロブスターが捕らえられた「ケープコッド」というのは、ここ数年、頻繁に大型海洋生物の大量死が起きているところでもあります。

これらのことは、

米国とペルーだけで 300頭以上の死亡したイルカが打ち上げられた 2012年2月 (In Deep 2012/02/17)
イルカやヒトデに続き、アメリカのウミガメたちの異常な座礁数… (In Deep 2014/12/18)

などでご紹介したことがありますが、2012年に、100頭近くのイルカの大量死がケープコッドで発生しました。

2012年2月7日の米国CNN
cnn-2012-02-06-01CNN

2014年には、ケープコッドに打ち上げられるウミガメの数が急上昇したことが報じられました。

2014年12月12日の米国ニューヨークタイムズ
stranded-turtles-topNY Times

もちろん、今回の遺伝子異常による青いロブスターとの関係はないですが、ケープコッドという地名に少し反応した次第でした。




-気になるニュース, 異常な現象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2017 All Rights Reserved.