地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

メキシコで「またも川がシンクホールに飲み込まれて突然消滅」。しかも今度は2つの川が同時で、これで今年に入り消えた川は3つめに

   

2016年4月20日のメキシコの報道

sinkhole-river-mexico3Excelsior

今年3月に、メキシコのベラクルス州というところで、「川が一晩でシンクホールに飲み込まれる」という出来事を、

メキシコ:シンクホールの発生と共に「一晩で」地底へと消えた川
2016/03/06

という記事でご紹介したことがありました。

2016年2月29日に消滅したメキシコのアトヤック川

atyac-mexico-b2El Universal

この同じメキシコのベラクルス州で、「また同じ現象が起きた」のです。

つまり「シンクホールが発生し、それと共に一晩で川の水が消滅」したのでした。

今回、川の水が消えたのは、トィアパ川(Tliapa)という川と、タクアパ川(Tlacuapa)のふたつで、巨大なシンクホールが発生した後に、それぞれの川の水量が激しく減少しているのが見つかったとのこと。

水が消えた川

rivers-disappear-2nd1NDMX

Sponsored Link


 

川の水が消滅してしまうような巨大なシンクホール事案が、立て続けに起きているということになりますが、何らかの変化が進行している感じはしますね。

水が大きく減った川の様子

rivers-disappear-2nd2El Universal

 

メキシコ・ベラクルス州の場所
Veracruz-map2Google Map

このあたりは山岳地帯で、シンクホールの発生により地下の穴へと水が流れていってしまったもののようですが、「ふたつの川の水を飲み込むほどのシンクホールだったということにもなり、「どのくらいの深さと大きさのシンクホールができたのだろう」と思いますが、その点についての記述はどの記事にもありませんので、計測などは行われていないようです。

今のメキシコは地質の異常が本当に多いです(こちらにメキシコに関しての過去記事の一覧があります)。

そして、このメキシコも紛れもない環太平洋火山帯であるわけで、今、地球の各地で起きていることとも、遠い意味としてはつながりがあるものかもしれません。

 - 気になるニュース, 異常な現象, 自然の力 , , , ,