これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 火山噴火と地震活動 自然災害

イエローストーンの間欠泉スチームボート・ガイザーの今年の噴出回数が30回を超え、54年前の記録を更新し過去最大に

投稿日:

2018年12月10日のアメリカの報道より


Yellowstone’s Steamboat Geyser Sets New Eruption Record




 

今年、アメリカのイエローストーンにある間欠泉「スチームボート・ガイザー」の話題を何度か取りあげたことがあります。

その内容は、この間欠泉が「過去にないほど活発な噴出を起こしている」というもので、最初に取りあげたのは、In Deep の以下の記事でした。

https://indeep.jp/unusual-eruptions-of-active-geyser-in-yellowstone-its-omen/

その後、7月には、今年の噴出回数が 11回となり、1年間の噴出回数としては近年最大となっていました。それは以下の記事でご紹介しています。

イエローストーンの間欠泉スチームボート・ガイザーがついに今年11回目の噴出を記録し、近年最大の噴出回数に

その後も噴出は続いていましたが、 12月8日、「今年 30回目の噴出」が発生しました。

アメリカ地質調査所(USGS)の記録では、これまで 1年間で最も噴出回数が多かったのは 54年前の 1964年のことで、その年にスチームボート・ガイザーが 1年間で 29回の噴出を起こした記録が最高でした。

ところが、12月8日の噴出により、その記録は更新されたのでした。

噴出するスチームボート・ガイザー


USGS

今年30回目の噴出までの記録

geysertimes.org

この上の表のそれぞれの後ろに「 9d 4h 30m 」等とありますが、これは前回の噴出からの間隔を示していてます。

たとえば、「 9d 4h 30m 」なら、「前回の噴出から 9日と 4時間30分」で今回の噴出が起きたことをあらわします。

その点を見てみますと、今やイエローストーンのスチームボート・ガイザーは、「およそ 1週間に 1度ほどは噴出している」という過去には見られない極めて活発な噴出活動を続けていることがわかります。

この間隔で噴出が進むと、今年中にあと 2〜 3回の噴出が発生する可能性もあり、前代未聞の活動になっていくと思われます。

これがイエローストーン自身の火山活動や地質活動と関係しているかどうかはともかく、「これまでにないこと」が起きていることは事実です。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.