これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 疾病と感染症

コロナウイルス最新情報 2020-02-16 武漢の医師が「2度目の感染が多発」しており、2度目の感染時に突然死することが多いと報告

投稿日:


2月14日の台湾ニュースより。taiwannews.com.tw




 


Coronavirus

2020年02月16日 午前9時 (公式発表数値)
患者数 69,031人
死者数 1,666人
致死率 2.4%
回復者 8,142人

新型コロナウイルス(COVID-19)の患者数と死者数は以上のようになっていまして、中国本土での感染の実数は不透明な部分がありますが、それでも、感染者数、死者数共に増加しています。中国政府は、戦時下統制命令において、非常に大規模な封じ込め対策をおこなっていますので、ある程度は感染拡大は抑制されているのかもしれません。

ただ、「封じ込めをいつまで続けられるのか」という問題もあります。

中国政府の専門家グループは、「 4月には流行が終わる」と見ていることが報じられています。

これは、一般的なコロナウイルスは、気温が高くなると外部では長く生存できないことが根拠となっていると思いますが、ただ、米ハーバード大学の感染症の科学者が「この新型コロナウイルスは、暖かくなっても流行が止まらない可能性がある」と述べていたことが伝えられています。

アメリカを拠点とする中国語の報道メディア Sound of Hope は、2月15日の記事として、「新しいコロナウイルスが世界を席巻するのは時間の問題だ」というタイトルの記事を掲載していました。

ハーバード大学公衆衛生学部の感染症の専門家であるマーク・リプシッチ教授がインタビューに以下のように述べています。

私が何度も尋ねられてきた質問の 1つは、2003年の SARS のように、気温が暖かくなっていったときに新型コロナウイルスの流行が終息するかどうかということです。これに関しては、温暖な気候と共に流行が終わると確信することはできないのです。

というのも、新型コロナウイルスは温暖な気候では、よりゆっくりと広がっていくという証拠がいくつかあり、この証拠の定量化にも取り組んでいます。もちろん、温暖な気候は、流行の抑制の助けにはなるかもしれませんが、しかし、たとえば、現在、熱帯の国であるシンガポールにもウイルスが蔓延している状況を見ていますと、気温の上昇が解決策になるとは思えないのです。

確かに感染拡大の状況を見てみますと、中国以外での感染確認が多い国や地域は以下のようになっていて、シンガポール、香港、タイなど暖かい場所が多いのです。

・日本 338人
・シンガポール 72人
・香港 56人
・タイ 33人
・韓国 28人

ですので、一般的なコロナウイルス(一般的な風邪なども含めて)は、気温が上昇すると、感染は終息に向かう傾向があるのですが、新型コロナウイルスに関しては、何ともいえないことになっているようです。

なお、中国の医師団が、かなり気になる発表をしています。冒頭の報道ですが、「新型コロナウイルスは、再感染する」というもので、しかも「再感染した場合は、突然死など重症化しやすい」というのです。これが本当なら、かなり厄介な性質だと思われますが、台湾ニュースの記事をご紹介します。

 


独占:中国の医師たちは、武漢コロナウイルスに再感染した時にはさらに致命的になると述べる

Exclusive: Chinese doctors say Wuhan coronavirus reinfection even deadlier
taiwannews.com.tw 2020/02/14

このウイルスは免疫を作り出す代わりに、人に再感染させ、致命的な心臓発作を早める可能性がある。

中国武漢市の最前線にいる医師によると、新型コロナウイルス(COVID-19)は 1度感染した後、2度目に感染する可能性があり、その場合、心不全による死亡につながることがあると述べた。

これは、流行の中心にある湖北省武漢で働いている医師によって主張されている。武漢の医師の一人は、英国に住んでいる親戚と連絡を取り、台湾ニュースに伝えられた。

その医師は、このことを発表した場合、中国当局から報復される可能性があることを考慮して、匿名で発表するように求めた。武漢ウイルスについて最初に警告を発した武漢の医師は、当初、中国当局から叱責されていた。

台湾ニュースに送られたメッセージでは、医師は以下のように述べている。

「この新型コロナウイルスは 2度目に感染する可能性が非常に高い。自分の免疫系によって回復した人たちが少数ながらいるが、治療に使用する医薬品が心臓組織に損傷を与えており、2回目に感染すると、最初に感染した際の抗体が役に立たずに悪化し、心不全による突然死に至る」

このウイルスは最大 24日間症状のない潜伏期間があるため、感染したことがわからないまま感染が拡大されているという。

また、武漢の医師は、新型コロナウイルスの検査で「偽陰性」(陽性なのに陰性という結果が出る)はかなり一般的であるという。

医師は、「ウイルスは検査キットを欺く能力があることが示されている。たとえば、 CTスキャンでは両方の肺が完全に感染していることが示されていた患者が、検査では 4回続けて陰性を示した。5回目のテストで初めて陽性と出た」と台湾ニュースに述べた。







人気の記事

1

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

2

ペルーのクスコで撮影された赤い川 ・Hilton Davila   かつてのインカ帝国の首都であり、アンデス山脈中の標高 3000メートルを越える場所にあるペルーのクスコ。その市街は世界遺産 ...

3

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

4

2019年10月9日 記録的に早い大雪に見舞われた米国ワシントン州スポーケン ・fobosplanet 日本は、今、歴史的なスーパー台風を迎える直前ですが、アメリカでも異様な気象に見舞われる直前となっ ...

5

・npr.org   数ヶ月間にわたる深刻な森林火災が続くオーストラリアですが、この 1月に入り、それに加えて、豪雨や雹(ひょう)嵐、ダストストーム(砂嵐)など様々な自然災害に襲われています ...

6

・phys.org   オーストラリアで続く終末的な森林火災は、2019年の最後の日に、各地を真っ赤に染めたことを以下の記事でご紹介しました。 2019年最後の日を「真っ赤な終末の光景」で終 ...

7

8月10日の米メディアの記事より ・'Doom Nimbus': Incredible shelf cloud filmed over Anna, Illinois   最近は「ものすごい雲 ...

8

2019年10月23日 豪雨で冠水したスペイン・オリウェラの街 ・gulftoday.ae 荒れた気象が世界中を駆け巡っていますが、10月23日、ヨーロッパの一部が徹底した悪天候に見舞われたことが報じ ...

9

2019年2月24日のイタリアの報道より ・meteogiornale.it   イタリアで 2月23日、おそらく同国が経験したことのないような暴風が全土にわたり吹き荒れました。 突風で耐え ...

10

アルバニアの地震を伝える6月1日の報道より ・VOA   バルカン半島に、ギリシャと隣接しているアルバニアという国があります。地図では以下の場所にありますが、このアルバニアのコルチャという地 ...

-パンデミック, 疾病と感染症
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.