これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 疾病と感染症

コロナウイルス最新情報 2020-02-15 日本国内の感染者数は259人に。中国での戦時統制命令の発動地域は4カ所に拡大

投稿日:


Coronavirus

2020年02月15日 午前11時 (公式発表数値)
患者数 67,100人
死者数 1,526人
致死率 2.2%




 

日本の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染確認者が、2月14日までに 259人にのぼっていることが報じられていますが、感染経路が明確ではないケースもあり、新型コロナウイルスの潜伏期間の長さ(最大 24日)を考慮しますと、ここから爆発的に患者が増加する可能性も高そうです。

中国での感染拡大を振り返りますと、2020年1月22日に感染者数が 300人を超えたあと、10日後の 1月31日には、感染者数が 1万人を突破していますので、同じようになるとは思わないにしても、少なくとも中国ではそのような増加でした。

下のグラフは 1月22日から 2月13日までの新型コロナウイルス感染者の増加を示すグラフです。たった 3週間ほどの期間で、いかにすさまじい増加ぶりを示してきたかがわかります。

2020年1月22日-2月13日までの新型コロナウイルス患者数の推移

Coronavirus 2019-nCoV

仮にですが、中国と同じような増加を示した場合、2月の終わりには日本の感染者数も 1万などの数値に近づく可能性はあるのかもしれません。

また、中国では、医療従事者の方々が非常に多く感染している現実が明らかになっています。中国の 2月14日の報道によりますと、中国では、医療従事者の感染者が 1700人以上となっていることが以下のように報じられていました。

国家衛生健康委員会の発表によれば、2月11日の時点で新型コロナウイルスの結果として、中国内で合計 6人の医療従事者が死亡した。これは総死亡率の 0.4%を占めている。これまで合計で感染した医療従事者は 1,716人となり、総感染者数の 3.8%を占めている。

Global Times

また、以下の記事でふれました、中国で「戦時統制命令」が発動された件に関しては、2月15日に、湖北省の紅湖市という場所も戦時管理下に入り、グローバルタイムズは、これで 4地区が戦時管理下となったと伝えています。

世界は戦時下へ : 湖北省に中国史上初めてとなる「戦時統制命令」が発令される。アメリカ軍は全米でパンデミック対応作戦を展開

この戦時統制命令と関係あるのかどうかはわからないですが、中国からの SNS では、大勢の人たちが連行される様子の動画がたくさんアップされています。以下の動画もそのひとつです。

もちろん、戦時統制命令や新型コロナウイルスとは関係のない通常の連行なのかもしれないですし、説明がないので、そのあたりはわかりません。

中国政府は、2月14日、新型コロナウイルスの予防と制御のための新しい予算として、 805億元(約 1兆2600億円)を計上し、さらには、感染症に関しての新しい法律、バイオセキュリティ法、あるいはバイオセーフティ法の制定を進めていると報じられています。

中国以外で、10人以上の感染者数が確認されている国は以下のようになります。

2020年2月15日時点の中国以外の感染者数

・日本 259人
・シンガポール 67人
・香港 56人
・タイ王国 33人
・韓国 28人
・マレーシア 19人
・台湾 18人
・ドイツ 16人
・ベトナム 16人
・オーストラリア 15人
・米国 15人
・フランス 1人
・マカオ 10人

Johns Hopkins CSSE

気温が低いほうがコロナウイルスは長く生きるので、寒い場所のほうが感染拡大しやすいと思っていましたけれど、タイやシンガポール、マレーシアなどの温暖な地域での拡大のほうが早いですので、あまり気温は関係ないのですかね。

だとすると、日本でも暖かくなる春になっても感染拡大が止まらないということになる可能性もあるということなのかもしれません。







人気の記事

1

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

2

ペルーのクスコで撮影された赤い川 ・Hilton Davila   かつてのインカ帝国の首都であり、アンデス山脈中の標高 3000メートルを越える場所にあるペルーのクスコ。その市街は世界遺産 ...

3

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

4

2019年10月9日 記録的に早い大雪に見舞われた米国ワシントン州スポーケン ・fobosplanet 日本は、今、歴史的なスーパー台風を迎える直前ですが、アメリカでも異様な気象に見舞われる直前となっ ...

5

・npr.org   数ヶ月間にわたる深刻な森林火災が続くオーストラリアですが、この 1月に入り、それに加えて、豪雨や雹(ひょう)嵐、ダストストーム(砂嵐)など様々な自然災害に襲われています ...

6

・phys.org   オーストラリアで続く終末的な森林火災は、2019年の最後の日に、各地を真っ赤に染めたことを以下の記事でご紹介しました。 2019年最後の日を「真っ赤な終末の光景」で終 ...

7

8月10日の米メディアの記事より ・'Doom Nimbus': Incredible shelf cloud filmed over Anna, Illinois   最近は「ものすごい雲 ...

8

2019年10月23日 豪雨で冠水したスペイン・オリウェラの街 ・gulftoday.ae 荒れた気象が世界中を駆け巡っていますが、10月23日、ヨーロッパの一部が徹底した悪天候に見舞われたことが報じ ...

9

2019年2月24日のイタリアの報道より ・meteogiornale.it   イタリアで 2月23日、おそらく同国が経験したことのないような暴風が全土にわたり吹き荒れました。 突風で耐え ...

10

アルバニアの地震を伝える6月1日の報道より ・VOA   バルカン半島に、ギリシャと隣接しているアルバニアという国があります。地図では以下の場所にありますが、このアルバニアのコルチャという地 ...

-パンデミック, 疾病と感染症
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.