これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 疾病と感染症

コロナウイルス最新情報 2020-02-14 広東省でコロナウイルスの塩基の「変異」が見つかる

投稿日:


Coronavirus

2020年02月14日 午前9時 (公式発表数値)
患者数 65,209人
死者数 1,486人
致死率 2.2%




新型ウイルスの新規の患者数は昨日より 5000人近く増え、死者は 118人増加しました。

zerohedge.com

日本国内で初めての死者が出た他、和歌山県では医師が感染したことが明らかになっています。

新型肺炎で国内初の死者、神奈川の80代女性…中国渡航歴なく (読売新聞 2020/02/14)

和歌山県の医師が新型肺炎感染 (日本経済新聞 2020/02/13)

共に「感染経路は不明」となっていて、潜伏期間でも感染が起きるとわかっている新型コロナウイルスの感染経路は次第に拡大化しているのかもしれません。

そのような中、米フロリダ大学の「生物統計学」の教授であり、WHOの顧問も務めているイラ・ロンギニ(Ira Longini)氏は、ブルームバーグの取材に、

「新型コロナウイルスは今後、地球全体の人口の3分の1に感染するかもしれない」

と述べています。

イラ・ロンギニ教授の専門は、感染の拡大に関しての確率推計で、インフルエンザや SARS などのパンデミックを制御するための数学および統計モデルを計算しており、アメリカ保健福祉省やアメリカCDC、あるいは WHO などに協力している専門家だそうです。

さらには、香港大学の専門家は、「世界の 3分の 2が感染する可能性」に言及しています。

そのブルームバーグの記事をご紹介します。


Coronavirus Could Infect Two-Thirds of Globe, Research Shows
Bloomberg 2020/02/14

新型コロナウイルスは世界人口の3分の2に感染する可能性があることを研究は示している

中国でコロナウイルスの症例数が劇的に急増しているが、著名な感染症科学者は事態がさら​​に悪化する可能性があると警告している。

ウイルスの伝染性の研究をしている世界保健機関(WHO)の顧問であるイラ・ロンギニ氏は、中国でのウイルス伝染を追う中で、推定では、その感染は公式発表よりはるかに多い可能性があるという。

ウイルスが広範囲に広がると、数千万人が住んでいる地域を隔離するなどの中国の厳格な封じ込め対策は限界を示す。

封じ込めはウイルスの拡散を遅らせる効果はあるかもしれないが、新型コロナウイルスは、封じ込めされる前に中国を越えて移動する機会があったとロンギニ氏は言う。

ロンギニ氏のモデリングは、各感染者が通常 2〜 3人の他の人に病気を伝染させることを示すデータに基づいている。急速な検査の欠如と一部の人々の感染症に対しての相対的な態度の軽度も、その広がりを追跡することを困難にしている、と氏は述べた。

現在までの計算では、今後、感染を半減させる方法があったとしても、それでも、世界のおよそ 3分の 1が感染することを意味しているとロンギニ氏は言う。

ロンギニ氏は、ジュネーブにある WHO 本部でのインタビューで、「感染率の変化がない限り、監視と封じ込めはそれほどうまく機能しない」と述べている。

「患者を隔離しても、このウイルスは停止しない」

新型ウイルスの広がりの可能性を警告しているのはロンギニ氏だけではない。英国インペリアルカレッジ・ロンドンの研究者であるニール・ファーガソン(Neil Ferguson)氏は、中国では毎日 5万人の人々が感染し続けていると推定している。

また、香港大学の公衆衛生教授であるガブリエル・レン(Gabriel Leung)氏は、世界の 3分の 2近くがウイルスに感染する可能性があると述べている。

ウイルスがどの程度の範囲に及ぶ可能性があるかについてより良い知見を得るには、より多くのデータを収集する必要があると、ロンドン衛生学熱帯医学部のデヴィッド・ヘイマン(David Heymann)氏は言う。ヘイマン氏は、2003年の SARS に対する WHO の対応を監督した感染症の専門家だ。

「 SARS の際には、中国以外の国では、アウトブレイクをかなりうまく封じ込めることができたという前例があります」として、今後の各国の対応次第で、感染の拡大を小さくできると考えている。

ヘイマン氏は、ロンギニ氏やレオン氏の推定について、「彼らの予測が間違っているということを言いたいのではなく、より多くのデータが明らかになる中で、推定モデルも洗練されたものになっていくということを言いたいのです」と述べた。


ここまでです。

なお、2月14日午後の中国の報道によると、わずかな変異ですが、広東省でコロナウイルスの変異が見つかったと発表しています。

広東省の専門家:新型コロナウイルスの30,000塩基以上で見つかった5塩基の変異

広東省は新型コロナウイルス肺炎の流行の最新状況に関する記者会見をおこなった。その中で、国家主要研究所の副所長が、ウイルス変異の研究状況を紹介した。

それによると、新しい新型コロナウイルスの 30,000を超える塩基の中で 5つの塩基の変異が見つかったと述べた。

しかし、RNAウイルスの場合、新型コロナウイルスの塩基は 30,000以上あり、これらの5つの塩基変異は、30,000塩基のごく一部にすぎないとした。同時に、ウイルスの変異状況はそれぞれの段階で綿密に監視されると述べた。







人気の記事

1

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

2

ペルーのクスコで撮影された赤い川 ・Hilton Davila   かつてのインカ帝国の首都であり、アンデス山脈中の標高 3000メートルを越える場所にあるペルーのクスコ。その市街は世界遺産 ...

3

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

4

2019年10月9日 記録的に早い大雪に見舞われた米国ワシントン州スポーケン ・fobosplanet 日本は、今、歴史的なスーパー台風を迎える直前ですが、アメリカでも異様な気象に見舞われる直前となっ ...

5

・npr.org   数ヶ月間にわたる深刻な森林火災が続くオーストラリアですが、この 1月に入り、それに加えて、豪雨や雹(ひょう)嵐、ダストストーム(砂嵐)など様々な自然災害に襲われています ...

6

・phys.org   オーストラリアで続く終末的な森林火災は、2019年の最後の日に、各地を真っ赤に染めたことを以下の記事でご紹介しました。 2019年最後の日を「真っ赤な終末の光景」で終 ...

7

8月10日の米メディアの記事より ・'Doom Nimbus': Incredible shelf cloud filmed over Anna, Illinois   最近は「ものすごい雲 ...

8

2019年10月23日 豪雨で冠水したスペイン・オリウェラの街 ・gulftoday.ae 荒れた気象が世界中を駆け巡っていますが、10月23日、ヨーロッパの一部が徹底した悪天候に見舞われたことが報じ ...

9

2019年2月24日のイタリアの報道より ・meteogiornale.it   イタリアで 2月23日、おそらく同国が経験したことのないような暴風が全土にわたり吹き荒れました。 突風で耐え ...

10

アルバニアの地震を伝える6月1日の報道より ・VOA   バルカン半島に、ギリシャと隣接しているアルバニアという国があります。地図では以下の場所にありますが、このアルバニアのコルチャという地 ...

-パンデミック, 疾病と感染症
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.