これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 気になるニュース 異常な現象

中国の北京とその周辺地域で目撃された不思議な光。正体はわからず

投稿日:

10月11日 北京で撮影され SNS に投稿された空の謎の光


sott.net




 

10月11日、中国の北京と、隣接する山西省、そして内モンゴル自治区などで、「夜空の奇妙な光」が目撃されました。

これは、人口の多い北京をはじめとして、多くの地域で目撃されたこともあり、 SNS におびただしい写真や動画が投稿されました。

下は、その中の動画の一部です。

写真ですと、以下のようなものとなります。なかなか変幻自在に形を変えていったもののようです。

2018年10月11日 中国で多数の人たちに目撃された光


CGTN


CGTN


sott.net

中国の SNS では、一斉に「 UFO か」というような言葉が飛び交いましたが、一般的に、このタイプの光は、ミサイルかロケットの打ち上げの際の光である場合が多いです。

特に大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの場合は、発射の際にとても派手な光を残しますが、そのあたりは以下の記事にまとめたことがあります。

狂乱と饗宴が続く世界の空:大陸間弾道ミサイルが作り出す光景、激増する「美しき緑の火球」の爆発、そして、空から降り続ける人工物たち

ところが……。

今回の光が目撃された日とその時間とを照らし合わせると、何となく奇妙な感じにもなっています。

実は、この 10月11日は、ロシアのソユーズ宇宙船が「発射に失敗した日」なのでした。

報道は、

ロシアのソユーズ、打ち上げ失敗 宇宙飛行士2人は無事
 朝日新聞デジタル 2018/10/11

などにありますが、この打ち上げが失敗したのがこの日でしたので、この光はソユーズ関係のものではないかと思われたのですが、「時間が合わない」のです。

ソユーズの打ち上げが失敗したのは、中国時間で 10月11日の午後 4時40分。
北京で光が目撃されたのが、中国時間で午後 7時。

時間が開きすぎているのです。

そして、その位置関係も、やや不可解な感じもあります。

ロシアのソユーズ宇宙船は、カザフスタンにある「バイコヌール宇宙基地」という空軍基地から発射されたのですが、そのバイコヌール宇宙基地と北京の位置関係は下のようになります。

バイコヌール宇宙基地と北京の位置(3000km以上離れている)

Google Map

報道では、

> 宇宙飛行士 2人の乗った脱出カプセルは分離され、発射地点から約400キロ離れた場所に着陸した。

というように、400キロという数字が出てきますが、バイコヌール宇宙基地から北京までは 3000キロメートル以上もの距離があります。

あるいは、この光が打ち上げに失敗したロシアのソユーズ宇宙船のものだったとした場合、目撃される場所は、もう少し違う場所になっているのではないかと思うのです。

 

そんなわけで、何ともいえないですが、もしかすると、この光は「ミサイルやロケットではない」のかもしれません。

何か極秘の軍事演習などが中国でおこなわれていたとしたなら、何らかのテストだったということはあり得るとは思いますけれど。

いずれにしても、公的情報だけでは、これが何の光かはわからないままです。







-奇跡の光景, 気になるニュース, 異常な現象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.