これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 奇跡の光景 異常な現象

もう何が起きているのやら:世界中で「空から燃えながら落下する物体」が出現し続けている。通常だと隕石か飛行機雲なのですが、これらは…

投稿日:

2020年4月に世界各地で撮影された「飛行機雲のような」現象

earth-chronicles.ru




 

この 4月、「飛行機雲あるいは隕石による火球のように見えるけれど、何だか少し違う」というような現象が相次いでいます。

2020年4月14日 アイスランドで撮影された「雲」

earth-chronicles.ru

こういうのは、大抵は飛行機雲ですが、ただ、飛行機雲の場合、「雲の先頭に飛行機がある」ものなんです。しかし、このアイスランドの雲を拡大しましても、以下のようにちょっと飛行機がわかりにくい。

極めつけは、4月23日に、米カリフォルニア州のトレーシーで撮影された以下の雲のようなものです。「途中で曲がっている」のです。


earth-chronicles.ru

隕石による火球の場合は速度も早いですので、このような急カーブはあり得なく、では、飛行機はどうですかね。

以下は、イギリスのハルで撮影された飛行機雲のようなもので、これは大変にゆっくりと進んでいたとあります。


earth-chronicles.ru

以下は、左が英国、右がカナダで、やはりこの 4月に撮影されたもの。


earth-chronicles.ru

以前も以下のような記事で、飛行機雲のような現象をご紹介したことがありました。

米国デンバーで観測された不思議な現象の正体は飛行機雲か、あるいは宇宙からの落下物か、あるいは……

隕石の落下による火球か飛行機雲以外では、合理的な説明は難しいものたちですが、何より、「パンデミック期間中の 4月のロックダウンされている国に現れた」ということが、やや印象的でもあります。

今は本当にいろいろなことが世界中で起きますけれど、自然現象を含めて、現象そのものが少し前にはなかったようなものばかりとなっています。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-パンデミック, 奇跡の光景, 異常な現象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.