これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象

チリのサンティアゴで「天に昇る多数の黒い物体」は何だったか? 何かの破片? 風船の大群? それとも使徒襲来?

投稿日:

2017年10月4日 サンチアゴ上空

Vany Santander

南米チリの首都サンティアゴにおいて、 10月4日の日中、上のような光景が目撃されました。これは動画で撮影されたもので、その動画もご紹介します。

拡大しますと、下のようになります。

Vany Santander

これは一体何だったのでしょうか?

Sponsored Link


撮影された動画はスマートフォンによるものですので縦長ですが、この物体がわかりやすいように少し拡大しました。それが下の動画です。

 
この動画でわかるのは、下降しているのでも横に移動しているのでもなく、「上昇しているように見える」ということです。

もう一度全体象を見ますと、下のようになっています。

その中で「やや大きなもの」が写されている部分を拡大しますと、下のようになります。

さらに拡大しますと、下のような感じですね。

ここまで拡大しますと、ぼやけて、むしろよくわからないですが、これが何なのか今ひとつ見当がつきません。

SNS での主張としては、

 ・ヘリウム入りの風船が大量に飛ばされた

 ・何かが地上で爆発し、その破片が飛んでいる

 ・鳥などの群れ

などがありましたが、「黒い風船ってあまりないのでは?」という気もしますし、地上での爆発の破片にしては距離が高すぎます。そして見た感じは鳥ではないと思います。

唯一考えられるのは「空中で何かが爆発して、その破片が漂っている」というような感じくらいだと思うのですが……。

しかし、「なぜ上に?」というのはあります。大気中には、一般的に「上に向かう力はほとんどない」からです。それは、ヘリウムの入っていない風船や、どんなに軽いティッシュなどでも、上に飛ばしても、決してそのまま上に向かうということはないことでわかります。

竜巻のような大気現象が起きていたのかもしれないですが、飛んでいるのがこれらだけというのも不思議です。

最近、光などを含め、いろいろと説明が難しい現象が空で続きますが、これらも今のところは何かはわからないです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-気になるニュース, 異常な現象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.