これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常な現象 異常気象

戦場跡のような光景を残したロシア・クラスノダールの壊滅的な雹嵐

投稿日:

6月30日 ロシア・クラスノダール地方 破壊的な雹嵐に破壊された車両


Катаклизмы и катастрофы природы

Sponsored Link


 

ロシアの最近の気象の荒さは、過去にない規模のものとなりつつありますが、6月30日、ロシア南部の黒海沿岸から 80キロメートルほどの場所にあるクラスノダールという街が激しい雹(ひょう)嵐に見舞われました。

クラスノダールの場所

Google Map

雹嵐そのものは最近は、ロシアでもヨーロッパでも頻繁に観測されているもので、珍しいものではないです。

しかし、この 6月30日のクラスノダールの雹嵐は「暴力的」という表現がとても合うもので、非常に破壊的な跡を残しました。

雹に破壊されたクラスノダールの家屋


izverzhenie-vulkana.ru

破壊された自動車


vk.com

下の動画は、クラスノダールで撮影され SNS に投稿されたものの一部です。

爆撃にでも遭ったかのように、雹に破壊された車両が道路のあちこちに置かれてあります。

どのくらいの時間、雹が降っていたのかの記述はないのですが、数多くの家やビルの窓ガラスが破壊され、自動車もボコボコになっている光景が投稿されていました。

6月30日のクラスノダールの風景


vk.com


vk.com


vk.com

ロシアも今年の 6月は地域的に非常に気温が高くなっていて、しかし、上空に冷たい空気も次々と入ってくるために、激しい悪天候が止まらない感じがあります。

最近も、ロシアの悪天候関係としては下のふたつの記事をご紹介しました。

ロシア・バルナウルの街を「飲み込むかのように」広がった驚愕のスーパーセル

繰り返しロシアの空にあらわれる「津波雲」

スーパーセルや津波雲などは、世界全体で見ても、この2、3年くらいのあいだに急速に増えてきたものですが、ロシアではかつてはほぼまったく出現しなかったものでもあり、そういう気象や光景がロシアにおいてもさまざまな地域に広がってきています。

大きな範囲で地球の環境は変化してきていることが今のロシアで起きることを見ていても何となくわかります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常な現象, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.