これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象 自然災害

インド北部ジャンムー・カシミール州が尋常ではなく早い大雪に見舞われ、大きな被害が発生

投稿日:

2018年11月4日 大雪で交通が遮断されたジャンムー・カシミール州の町


fobosplanet

Sponsored Link


 

インドの最北端にあるジャンムー・カシミール州各地で、11月3日から大雪が降り続けています。

その雪により道路が各地で寸断されたり、農作物に大きな被害が出ているとインドのメディアが報じています。

ジャンムー・カシミール州は、地理的に真冬に雪が降ることは珍しくない場所かもしれないですが、11月の初めから、このような大雪に包まれることはないようで、混乱が広がっているようです。

ジャンムー・カシミール州の場所

ジャンムー・カシミール州

2018年11月3日-7日までのジャンムー・カシミール州各地の様子


NDTV


Hindustan Times


fobosplanet


NDTV

雪で身動きがとれなくなった車両から、少なくとも 120人以上がレスキュー隊に救助され、また、700人以上が、自宅から避難したようです。

また、このジャンムー・カシミールは、リンゴの産地として有名らしいのですが、今回の雪で、「州全体のリンゴ生産の 20%以上が消失した」と地元の果物生産者協会の会長はメディアに述べています。

雪で被害を受けたりんご農場

India Times

現在がジャンムー・カシミールのリンゴ収穫の時期ということは、平年は少なくとも雪が降らない時期であると考えていいようです。

思い出しますと、今年の 1月に、このジャンムー・カシミールを中心とした記録的な寒波で、たくさんの方々が犠牲になったことがありました。

それは以下の記事で取りあげています。

インドに歴史的な寒波が到来。新年からの数日間で180人以上が寒さにより死亡、隣国バングラデシュでは各地で観測史上最も低い気温に

最近は世界全体で、常に「異様に高い気温の場所と、異様に低い気温の場所」が同時に存在する状態が続いています。

この冬もまた、平年と比較して暖かすぎる場所と寒すぎる場所が、各地に出現するのでしょうかね。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常気象, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.