これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 アメリカ 」 一覧

アメリカの「性感染症」の増加が制御不能に。梅毒患者数は過去70年で最大

  免疫抑制下の社会で 日本で梅毒の感染爆発が報告されて久しいですが、9月には、日本の梅毒患者数が、統計開始以来、過去最大となったことが報じられています。 (報道) 性感染症の梅毒 感染者過 ...



労働者たちのストライキにより「アメリカ全土で鉄道の貨物輸送が止まる」可能性が高まる。ホワイトハウスは緊急時対応計画を策定

2022/09/14    , ,

  この2年、3年は、アメリカでも全世界でも、サプライチェーンの混乱は何度も起きていましたが、現在、いくつかのアメリカの貨物鉄道会社で会社と労働組合との問題が起きているようで、週末 (9月1 ...

乳幼児のコロナワクチン接種が行われているアメリカでの「5歳未満の接種率は、ほぼ1%程度」という報道。サウスダコタ州では 0%

  アメリカでは、6月17日に「生後 6ヵ月から 5歳未満の乳幼児へのコロナワクチン接種」という狂気の政策が開始されました。 国勢調査局のデータによると、2019年のアメリカの 5歳未満人口 ...



偶発的な火災、破損あるいは殺処分等により操業停止となったアメリカの食品関連施設の数が「 100 」に達する

  今年 4月までに、アメリカで十数カ所の食品関連施設が、火災や爆発などで閉鎖されたことについては、以下の In Deep の記事でご紹介したことがあります。   [記事] アメリ ...

アメリカ最大の人造湖であるミード湖の水位低下が「電力供給可能レベルまであとわずか」までに低下。干ばつの進行状況から夏までもたない可能性も

  アメリカの西部を中心とした干ばつはいよいよ激しいものとなっていまして、農業への影響は最近ふれることがありましたが、いよいよ「電力供給そのもの」にダメージを与える可能性のある事態となってい ...



農業気象学者による南北アメリカの今後の天候の推移の見解からは、今季の収穫量の減少は避けられない模様

市場から消えていく小麦 ロシアやウクライナに続いて、熱波が続くインドが「小麦の輸出停止」を発表し、インドは小麦の大生産国であったこともあり、世界の食料関係者に衝撃を与えています。その後、世界中の業者が ...

[定期]CDCへの4月15日までのワクチン接種後の死亡報告は 27,349件。有害事象報告は 1,237,647件

2022/04/26    , ,

  米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 今回は、2022年4月15日までの以下のデータからで ...



[定期]CDCへの4月8日までのワクチン接種後の死亡報告は 26,976件。有害事象報告は 1,226,314件

2022/04/20    , ,

  米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 今回は、2022年4月8日までの以下のデータからです ...

アメリカ最大の貨物鉄道会社の「輸送量の削減義務」政策により、世界最大の肥料企業が「農家に春作物の肥料をまったく出荷できていない」状態であることが判明

2022/04/18    , ,

  世界最大の肥料企業のひとつである CF インダストリーズ・ホールディング社 (CF Industries Holdings Inc)が、会社のプレスリリースで、 「アメリカの農家に肥料を ...



[定期]CDCへの4月1日までのワクチン接種後の死亡報告は 26,699件。有害事象報告は 1,217,233件。ワクチン2回接種済みの15歳の女性がコロナで死亡

  米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。 今回は、2022年4月1日までの以下のデータからです ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.