これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象

夏の雪 : ロッキー山脈やイエローストーン国立公園などで7月11日に大雪。これはジェット気流の変化のせい?

投稿日:

2016年7月11日の米国ウェザーチャンネルより

us-july-snowWinter Rudely Interrupts Summer in the Northern Rockies

北半球がいよいよ本格的に夏に入ろうとしている7月中旬近くになって、アメリカの北部ロッキー山脈と接するモンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州などの高地の多くで「7月に大雪が降った」ことが報じられていました。

 

7月11日のモンタナ州グレイシャー国立公園

us-2016-0711a

 

いかな高地でも、日本の高所に7月に雪が降るというようなことがないように、アメリカでも、7月の雪は、それがどんなところであっても珍しいようで、ウェザーチャンネルの気象学者も苦笑気味に報じていました。

夏の雪を伝えるウェザーチャンネルの気象学者

summer-snow-sleetWeather Channel

Sponsored Link


 

イエローストーン国立公園のウェブカメラ。吹雪いているようです

yellowstone-20106-0711アメリカ国立気象局

この「夏の大雪」の原因は、上空の大気が北米の一部で非常に冷たい状態だったことによるもののようで、平年より 7℃近く上空の大気の気温が低かったようです。

2016年7月12日の北米地域の上空大気の気温

us-temperarture-0711

 

このようなことが、これから先も相次ぐかどうかはわからないですが、以前、

地球の気流が壊れた : ジェット気流が赤道を通過して北極から南極に進むという異常すぎる事態…
2016/06/30

という記事を書いたことがありますが、そのジェット気流の状態が続くのであれば、今回のアメリカで起きたような「突然の夏の雪」のような出来事が、北半球のどこで起きても不思議ではない気がします。

今年の夏がこれからどうなるかはわからないにしても、基本的には、これからどんどん涼しくなる傾向に進む可能性にあるとは思いますけれど、あるいは、その逆もあるのかもしれないですし、どちらに進むにしましても、気候の状態は今後もさらに激しくなっていきそうな感じはあります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常気象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.