地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

光る物体の増加 : フランス北部の空に出現したふたつの尾を持つ不思議な光は自然現象? それとも何らかの人工物体?

      2017/10/21

フランスの地元メディアの報道より

lavoixdunord.fr

フランス北部のベルギーとの国境に近いヴォー=ヴロークールという場所で、地元の自然写真家が「空をゆっくりと移動する光」を撮影しました。

何だったのかはわかっていません。

Sponsored Link


 

ヴォー=ヴロークールの場所
Google Map

報道によれば、ヴォー=ヴロークールの自然の風景を日々、写真に収めているイデュー・リサージュ(Idir Lesage)さんという方が、いつものように、草木や動物の、そして空の撮影をしていた時にこれが出現したとのことです。

lavoixdunord.fr

lavoixdunord.fr

先端にある部分は、拡大すると明らかに光ったもののようです。

 

これだけ見ていると、後ろに「尾」のようなものが見えるために、隕石などのたぐいかと私も思ったのですが、報道を読んでみますと、こうあったのです。

「火花を2回出した後、ゆっくりと水平方向に移動して消えました」

つまり、これは、隕石や落下物のように「下に落ちている」ものではなく、「横に移動しているもの」だったのです。

 

そうであるなら、隕石や天体と考えるには難しく、まあ、何だかわからないものということになりそうです。

移動する光の他の写真

 

lavoixdunord.fr

最近、ヨーロッパを中心に、光る物体の出現が多く、イギリスのブリストルでも自然現象としては説明が難しい「光の列」が 10日ほど前に多くの人たちに目撃されました。

英国ブリストル 9月22日

twitter.com

どうにも世界中で正体不明の光が増え続けているようです。

 - 気になるニュース, 異常な現象 , , , , , ,