これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 異常な現象 自然の力

ペルセウス座流星群の極大期の中、チェコで「大気光学現象スプライトと流星群が同時に空に出現する」という奇跡的な光景が撮影されていた

投稿日:

8月14日 チェコ共和国のニーデクで撮影された「スプライトとペルセウス座流星群」


Martin Popek




 

先日、非常に稀少な大気光学現象「エルブス」というものがロシアで撮影されたということを下の記事でご紹介したことがあります。

極めて稀少な高層の光学現象「巨大エルブス」と「スプライト」が同時にロシアの空に出現した光景が記録に収められた

この記事の中で、判明している主な大気光学現象を示した下の図を掲載させていただきました。

主な大気光学現象

東北電力

これらの発光現象のメカニズムは、今でもわかっていない部分が多いのですが、発生の原理はともかく、何より「発光時間が一瞬」ですので、どの大気現象も撮影することが大変なのです。

ここにある中で、スプライトは最も発光時間が長いですので、比較的撮影されることが多いですが、それでも多くは「数十分の 1秒」という、つまり 0.1秒未満の短い発光時間ですので、撮影は簡単ではありません。

さて、そして、この 8月は、ペルセウス座流星群が観測できた磁気でもありました。

流星群が最も多く観測される極大期は 8月13日から 14日頃でしたが、その 8月14日に、チェコのカメラマンが、

「流星群とスプライトを同時に撮影」

ということを成し遂げていたのでした。

撮影したのは、チェコのマーティン・ポペック(Martin Popek)さんという方で、他に以下のような写真を撮影しています。

緑の光が流星で、赤の光がスプライトです。

2018年8月14日 チェコ・ニーデクで撮影された流星群の中のスプライト


Martin Popek


Martin Popek


Martin Popek

事情を知らなければ、「美しいこの世の終わり」みたいな光景にも見えなくもないものでもあります。

それにしても、撮影機器の発達のせいもあるのでしょうけれど、先日のロシアの「エルブスとスプライト」も含めて、以前だと考えられないような光景が写真に記録されることが多くなりました。

これからも、私たちは今まで見たことのないようないろいろな光景を見ることができるようになるのかもしれないですね。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-奇跡の光景, 異常な現象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.