これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常気象 自然災害

ドイツやベルギーを、ヨーロッパでは異例のスーパーストーム「エバハルト」が直撃

投稿日:

2019年3月10日 ドイツを襲った異例の暴風雨を報じる報道


idowa.de




 

2月の終わり頃、イタリアを強大なハリケーンレベルの、ヨーロッパとしては異例の暴風雨が直撃したことを以下の記事でご紹介したことがありました。

イタリアを最大瞬間風速「時速200km」というスーパーハリケーン級の信じがたいレベルの暴風雨が襲う

今度は、 3月10日、ドイツからベルギー、オランダにかけて、極めて規模の大きな暴風雨が吹き荒れて、非常に大きな被害を出たことが報じられています。

この嵐には「エバハルト (Eberhard)」という名前がつけられています。

その風速は、ドイツ国内で、最大時速 150キロメートルを記録したと報じられています。

この日の、ドイツやベルギーなどの写真をご覧になられるだけで、その暴風のすさまじさがおわかりになるのではないかと思います。

2019年3月10日 暴風雨エバハルトによる被害


focus.de


focus.de


twitter


Nick den Engelsman


twitter


express.de

それにしましても、これで最大風速が時速 150キロメートルほどだったと考えますと、先日のイタリアの「時速 200キロメートル」という暴風雨が、どれだけすさまじいものだったかを実感します。

あらためて、暴風の世界基準である「カテゴリー」の区分を記しますと、以下のようになります。

最大瞬間風速の強さの世界的な基準

カテゴリー1 時速 118 – 152 キロメートル
カテゴリー2 時速 153 – 176 キロメートル
カテゴリー3 時速 176 – 208 キロメートル
カテゴリー4 時速 209 – 248 キロメートル
カテゴリー5 時速 249キロメートル以上

ここから考えますと、今回のドイツやベルギー、オランダを直撃したエバハルトは、ハリケーンでのカテゴリー 1程度の勢力だったことになります。

先日のイタリアの事例も今回のドイツの事例も、ヨーロッパとしては異例の気象ですが、北半球で気象が激しくなるのは、普通はこれからですので、ヨーロッパは今後も、経験したことのないような気象に見舞われ続ける可能性があります。

今年に関しては、ヨーロッパとアメリカの気象の極端さが際立ちます。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 異常気象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.