これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 自然の力

ロシア西部の上空を駆け抜けていった「空中艦隊」のような雲の群れ

投稿日:

2019年3月8日 ロシアのバシコルトスタン共和国にて


Ilnur Sultanov




 

ロシアの SNS に、いわゆるレンズ雲だと思われますが、まるで空の艦隊のごとく移動していく「雲の群」が投稿されていました。


Ilnur Sultanov

撮影されたのは、ロシア西部にあるバシコルトスタン共和国という場所です。

ロシア・バシコルトスタン共和国の場所

Google Map

ここ最近は、いろいろと珍しい雲が世界中の SNS に投稿されていますが、この雲もとてもおもしろいと思いましたので、ご紹介させていだたこうと思います。

ここからです。

2019年3月8日 ロシア・バシコルトスタン共和国上空の雲たち


Ilnur Sultanov


Ilnur Sultanov


Ilnur Sultanov


Ilnur Sultanov

 

こういう雲を見ていると、かつて耳にしたことのある「レンズ雲と UFO の関係性」の主張を思い出します。

以下の In Deep の記事では、20世紀に発見された、数多くの不思議なイラストが掲載されている「謎の書物」について記させていただいていますが、この書物の1ページ目に、レンズ雲と UFO の話が出てきます。

https://indeep.jp/mysterious-book-describes-cherubim-in-ezekiel-and-ufo-like/

部分的に抜粋しますと、以下のようなことが書かれてあります。

ここに提示されている写真は、1967年にブラジルのサントスで、アメリカ人観光客によって撮影され、最終的には「レンズ雲の形成」というタイトルで発表された。

レンズ雲の形状は、この地球に存在することが判明している他の現象と似ておらず、別次元的な世界が関わっていることには間違いがない。

雲が煙の輪のように形成されれば、空気爆発が原因であると主張することができるが、しかし、その証拠はない。

あの雲たちが提示する形状は、いわゆる空飛ぶ円盤の形状以外の何ものでもない。そこには雲との若干の構成上の違いがあるだけだ。

事実、この素材は、アメリカ軍の航空機製造グループが「ステルス」と呼ばれるプロジェクトで、レーダーを攪乱させる手段として使用しているものと幾分似ているように思える。

不思議な雲の形を見ていると、こういうようなことを考える人がいても不思議ではないのかもしれないとも思います。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 異常な現象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.