これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常な現象 異常気象

《氷河期情報》 パキスタンで100年ぶりとなる「5月の雪」

投稿日:

5月19日 パキスタンのマリーにて

Ameer Hamza




 

2020年5月19日、パキスタンの北部にあるアユビア県という場所を中心として、広い範囲で「雪」が降ったことが伝えられています。

パキスタン・アユビア県

Google Map

それも、いわゆる「大雪」で、5月のパキスタンとしては異例の事態です。

5月19日 パキスタンのマリーにて

Entertainment, Education & Information Point EEIPJ8


tribune.com.pk


Entertainment, Education & Information Point EEIPJ8

報道によれば、パキスタンで 5月に雪が降ったのは、記録としては 1920年代以来だそうで、つまり「 100年ぶりのこと」だそうです。

パキスタンの報道には以下のようにあります。

緑豊かな山々で有名なアユビア県は、5月19日に降雪を経験した。

5月の降雪は、過去 100年間起きていない。5月20日には、ガリヤット地域を含む近隣地域でも雪が降り、地元住民にとっても非常に珍しい体験となった。

アユビア県に住む 90歳の住民であるハジムハン・マドアニヤット・アッバシさんは、「このような天候は、イギリスの植民地だった 1920年代以来ないことです」と語った。

アッバシさんは、兄が、1920年代にこの美しい丘陵地帯に 5月に降雪したことを語っていたという。tribune.com.pk

以下の記事などでは、NASA などの研究機関が、太陽活動の弱体化からの、寒冷化などについての懸念についてふれましたが、もともと気温が比較的高いパキスタンのような土地に 5月に雪が降るようですと、農業などへの影響も懸念されます。

 

「地球は数十年続くミニ氷河期に突入した」可能性が高いとNASAの科学者たちが発表。現在の状況下では飢餓がとても心配な情勢に

 

単に一直線に寒くなっていくというようなことはないはずで、それよりも、不安定な気温という状態が世界的に続いていくように思います。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常な現象, 異常気象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.