これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常気象

自然災害とは無縁だったヨーロッパのルクセンブルクで壊滅的な竜巻が発生

投稿日:

ルクセンブルクの竜巻を伝える2019年8月9日の報道より


TORNADO DESTROYING LUXEMBOURG




 

このブログも、わりと長く書かせていただいていまして、さまざまな国や地域での自然災害を取り上げてきましたけれど、ルクセンブルクで大きな自然災害があったということを聞いたのは、今回が初めてではないでしょうか。

ルクセンブルクというのは、ベルギー、フランス、ドイツに囲まれたヨーロッパの国で、人口 57万人という小国ですが、ヨーロッパ屈指のビジネス大国であり、富裕国でもあります。

国民一人あたり GDP は、20年以上も世界第一位を保っています。

ルクセンブルクの場所

Google Map

これまで大きな自然災害とは無縁だったこの国で、8月9日、ルクセンブルクのペタンジュという街において、「巨大な竜巻が発生した」のです。

ルクセンブルグのペタンジュを巨大竜巻が通過している時の光景


fobosplanet

この竜巻は、ルクセンブルク・ペタンジュの一種風光明媚な街並みを徹底的に破壊しました。

 

2019年8月9日 竜巻に襲われたルクセンブルク・ペタンジュの惨状


today.rtl.lu


CGDIS


fobosplanet


jutarnji.hr


SDIS 54 Pompiers


dw.com

このような竜巻による被害というのは、ルクセンブルクでは過去になかったことだと思われます。

もともと山などに囲まれた環境で、本来なら大きな竜巻というものが発生するような環境ではないはずで、現在のヨーロッパの気象状況が以下にいかに変化してきているかを物語る事象だと思われます。

ヨーロッパ全域で、この異常な状況は拡大していまして、4月には、ルーマニアでも、同国では出現したことのないような巨大竜巻が発生したことを以下の記事でご紹介したことがあります。

ルーマニアに出現した、同国ではかつて発生したことのない規模の信じられないほどの超巨大竜巻

世界中で、どこでも気象は変化し、荒れてきていますが、もともとが穏やかな気候の場所が多かったヨーロッパは、特にその変化を感じさせる地域となっています。

昨年のヨーロッパは、10月くらいまで気候が大変に荒れていましたので、今年も、まだしばらく、このような荒れた気象がヨーロッパ各地に出現しそうです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-異常気象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.