これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 異常な現象

監視カメラがとらえていたインドネシア・シナブン山の大噴火での火砕流の様子

投稿日:

2018年2月19日のシナブン山の大噴火の際の火砕流


A series of pyroclastic flow on Sinabung (19.02.2018) ※下に動画があります。

Sponsored Link


 

2月19日、インドネアのシナブン山が、噴煙の高さが 15キロメートルに迫る近年で最大級の噴火を起こしました。

その時の噴火の様子等は以下の記事に写真や動画があります。

これから環太平洋火山帯はどうなる? : 近年最大級のモンスター噴火を起こしたシナブン山の黙示録的光景を見て思い起こす「地球の隅々」まで起きている地質的異変たち
 In Deep 2018/02/20

2月19日のシナブン山の噴火


vk.com

この日の大噴火の際、シナブン山は大規模な火砕流も発生させていたことが、監視カメラの記録でわかりました。以下は、その記録の一部です。

極めて大規模な火砕流であることがわかります。

実際の幅などはわからないですが、下のほうにうつっているのが田畑や木々のように見え、相当の規模のものに思えます。

 

 

シナブン山に最も近い場所の住民たちは、噴火が始まった昨年以来、避難していると思われ、被害の報告はありません。

また、この 2月19日のシナブン山の大噴火の火口の大きさの「前」と「後」の様子が公開されており、パッと見ても、火口が広がったことがわかります。

2月19日の噴火の前後のシナブン山の火口の大きさの差異


Part of the slope of the volcano Sinabung before and after a powerful eruption

この日のような大噴火が再び起きるかどうか今のところはわからないですが、インドネシア当局によるシナブン山に対しての警報レベルは同じで、規模はともかく、噴火はまだ続くと考えられそうです。

この日以上の規模の噴火が発生したりしますと、さらに生活などへの影響も広がりそうです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-火山噴火と地震活動, 異常な現象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.