これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 異常な現象 自然の力

「火山ガスによる紫色の空」がさらに世界中に拡大中

投稿日:

2019年9月9日 英国ウィルトシャーの紫の夕暮れの空


Pete Glastonbury




 

10日ほど前、以下の記事で、「世界各地で紫色の空が観測されている」ということについてご紹介させていただきました。

この夏、世界中に広がっている「紫色の夕暮れ」を作り出しているのは巨大な噴火の火山ガスだった

こういう光景が増えている理由は、「大きな火山の噴火の火山ガスが成層圏に入りこんだから」で、火山性ガスの中の硫黄ガスという成分が、このような効果を生み出すのだそう。

最近の火山の噴火の中でも、6月に噴火した千島列島のライコーク火山の影響が大きいようです。この時の噴火では、噴煙の高さが 1万3000メートルにまで達したとされていました。

2019年6月23日のライコーク火山の噴火


NASA

この火山ガスによる紫の空は、その後も継続しており、あるいは観測される範囲が拡大しています。

 

2019年9月13日 紫色に染まる米カンザス州ユードラの夕暮れの空


Doug Zubenel

 

北米からヨーロッパ各地まで、多くの場所が観測されていまして、それらの緯度などを考えますと、報告がない他の地域でも見られていると思われます。

今回は、9月にヨーロッパで観測された紫色の空をご紹介させていただきます。

 

2019年9月のヨーロッパ各地の「紫の空」

9月4日 ポーランド・スマルジェビツェの紫の夕暮れの空

Darek Dorosz

9月14日 英国サマセットの紫の夕暮れの空

PETER PHILIP BANTIN

9月13日 オランダ・デーフェンターの紫の夕暮れの空

Peter Paul Hattinga Verschure

9月9日 英国ウィルトシャーの紫の夕暮れの空

Pete Glastonbury

9月1日 ポーランド・シュビンの紫の夕暮れの空

Marek Nikodem

9月7日 英国ノーフォークの紫の夕暮れの空

Ian Carstair

上層大気の流れによっては、日本を含むアジアにも、この紫の空が拡大してくるかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-火山噴火と地震活動, 異常な現象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.