地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

北アフリカのチュニジアが稀な大洪水に見舞われる

   

2017年11月11日 チュニジアの首都チュニス

Flooding in Vilayete Gabis (Tunis, 11.11.2017)

2017年11月11日のアラブニュースより

masrawy.com

Sponsored Link


 

アフリカ北部のアルジェリアとリビアに挟まれたチュニジアは、サハラ砂漠の最北に位置していて、全体として砂漠的な光景が広がる国でもありますが、そのチュニジアで、豪雨による洪水が発生したことが報じられていました。

scontent

チュニジアの場所

特に被害が大きかったのは、人口が多く建物など多いチュニジアの首都チュニスでした。報道によれば、警官を含めた複数の方が洪水が亡くなったとされています。

チュニジアは南部はサハラ砂漠と接していますが、首都チュニスは地中海に面していて、それなりに雨は降るようですけれど、このような人的被害の出る洪水はとても珍しいそうです。

以下は、現地の報道や SNS に掲載されていた写真です。

vk.com

vk.com

vk.com

ここ数年、中東などの砂漠などでは豪雨とか大雪などがよく見られますが、今年もこの傾向は続くのでしょうかね。

そして、件数が多すぎてご紹介できていませんけれど、世界中で洪水の発生はさらに増え続ける一方です。

 - 洪水の時代, 異常気象, 自然災害 , ,