これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 気になるニュース 自然の力

ノルウェーで撮影された「フェニックスのようなオーロラ」を見て、最近の同様の現象を振り返る

投稿日:

ノルウェーのセンヤ上空に出現したフェニックスのようなオーロラ


adphotography2410




 

11月10日に、フィンランドのセンヤ(Senja)という場所で、フェニックスが飛び立つ光景のようなオーロラが撮影されていました。


adphotography2410

太陽活動は、もはや弱いままですが、頻繁にコロナホールと呼ばれる「磁気を噴出する」領域が太陽に出現することが多く、太陽活動極小期の中でも、オーロラはかなり激しく出現し続けています。

そんな中でノルウェーに出現しました「フェニックスのようなオーロラ」ですが、ここ2年ほどのあいだは、何となくそれを彷彿とさせるオーロラがよく出現していました。

今すぐ思い出せるのは三例くらいですが、以下のようなオーロラが撮影されていました。

フェニックスのようなオーロラたち

2018年1月24日 アイスランド上空

「フェニックス」で総括されていきそうな2018年…

2016年2月18日 アイスランド上空

夜空に輝く「鳳凰」と「もののけ姫の犬神」の下では…

2016年3月18日 米国アラスカ・フェアバンクス上空

歴史的に弱い太陽活動だったサイクル24の次の…

私は、鳳凰としてのフェニックスというより、この「フェニックス」という言葉そのものに興味があります。

そのあたりは In Deep の以下の記事などでふれたことがありますが、フェニックスという名のつくものが頻繁に出現する「世」というものには思うところがあったりもします。

5000年におよぶ「血の歴史」を持つフェニックスという言葉の概念を知りたくて・・・。歴史的な皆既日食の翌日、北緯33度上の最大都市がアメリカ分断の象徴となった日に

フェニックスの空に浮かんだ眼を見ながら「現実の存在の危うさ」を思い出す

まあ、そういう奇妙な考えはともかく、歴史的に弱い太陽活動の中で、オーロラは壮大さを保ち続けているという現在があります。







-奇跡の光景, 気になるニュース, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.