これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 気になるニュース 自然の力

ノルウェーで撮影された「フェニックスのようなオーロラ」を見て、最近の同様の現象を振り返る

投稿日:

ノルウェーのセンヤ上空に出現したフェニックスのようなオーロラ


adphotography2410




 

11月10日に、フィンランドのセンヤ(Senja)という場所で、フェニックスが飛び立つ光景のようなオーロラが撮影されていました。


adphotography2410

太陽活動は、もはや弱いままですが、頻繁にコロナホールと呼ばれる「磁気を噴出する」領域が太陽に出現することが多く、太陽活動極小期の中でも、オーロラはかなり激しく出現し続けています。

そんな中でノルウェーに出現しました「フェニックスのようなオーロラ」ですが、ここ2年ほどのあいだは、何となくそれを彷彿とさせるオーロラがよく出現していました。

今すぐ思い出せるのは三例くらいですが、以下のようなオーロラが撮影されていました。

フェニックスのようなオーロラたち

2018年1月24日 アイスランド上空

「フェニックス」で総括されていきそうな2018年…

2016年2月18日 アイスランド上空

夜空に輝く「鳳凰」と「もののけ姫の犬神」の下では…

2016年3月18日 米国アラスカ・フェアバンクス上空

歴史的に弱い太陽活動だったサイクル24の次の…

私は、鳳凰としてのフェニックスというより、この「フェニックス」という言葉そのものに興味があります。

そのあたりは In Deep の以下の記事などでふれたことがありますが、フェニックスという名のつくものが頻繁に出現する「世」というものには思うところがあったりもします。

https://indeep.jp/think-33-parallel-of-the-earth-and-its-means/

https://indeep.jp/we-are-living-in-sky-eyes-world/

まあ、そういう奇妙な考えはともかく、歴史的に弱い太陽活動の中で、オーロラは壮大さを保ち続けているという現在があります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-奇跡の光景, 気になるニュース, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.