これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 異常な現象 自然災害

そこは無人島に : 火山の噴火が続くバヌアツ・アオーバ島の状況が極限まで悪化し、ついに島民の「永久退避」が政府により決定される

投稿日:

2018年4月24日の報道より


watchers.news

昨年9月に始まった南太平洋のバヌアツにあるアオーバ島(あるいはアンバエ島)の火山の噴火により、この島の 1万1000人の住人たちは、一時避難などをしながら、今年また島に戻ったのですが、その後も噴火は収まらず、ついにバヌアツ政府は、「島民たちの島からの永久的な退避」を決定しました。

Sponsored Link


 

このアオーバ島については何度か取りあげていますが、最近のものは以下の記事でした。

全島民避難から人々が帰島したばかりのバヌアツ・アオーバ島で再び火山が噴火。火山灰と「酸性雨」による壊滅的な被害が拡大している

昨年 9月から避難していた島民の人々が、今年 3月にアオーバ島に戻った途端、またしても大きな噴火が連続し、そして、時期的に雨が多い日が続き、それにより、

・火山灰の降灰
・酸性雨
・火山ガスの大気中への蔓延
・飲料水と農作物の汚染
・洪水による被害

という災害が日々発生する中で、「これ以上、人々がアオーバ島に住み続けるのは不可能」という判断となり、この 4月20日過ぎに、正式に「全島民の永久退避」が決定されたようです。

噴火を続けるアオーバ島の火山


jaime s. sincioco

バヌアツ・アオーバ島の場所

Google Map

写真などを見ましても、生活を続けられる状況ではないことが伝わります。

火山灰などに覆われた現在のアオーバ島


twitter.com


Heavy ashfall forces permanent relocation of entire island

島民の永久的な移住に関して、政府は、国際援助が必要なことを認めていて、移住する場所などをを含めた具体的なことは決定していないようで、しばらく住民の人たちは、一時的な退避場所にとどまることになりそうです。

そして、このまま島民たちが二度と戻ってこない場合、「自然災害による無人島が誕生した時」というものを私たちは目撃したことになります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-火山噴火と地震活動, 異常な現象, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.