これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 火山噴火と地震活動 自然の力

カムチャッカ半島で「名前のない火山」が大噴火

投稿日:

2017年3月10日のロシアの報道より

kam24.ru

カムチャッカ半島で火山活動が活発化していますが、その中で「名前のない火山が噴火した」と、ロシアで多数のメディアが報じています。

Sponsored Link


 

噴火した「名のない火山」の様子

vk.com

複数のロシアの報道によれば、噴火した火山は、ベズイミアニ山という火山の近くのあたりだそうですが、そうなると、下の位置のあたりだと思われます。

ベズイミアニ山の場所
・Google Map

 

現在、カムチャッカの火山活動は、かなり激化しているようで、前日の報道でも、下のようなものがありました。

カムチャッカ半島の二大火山が同時噴火 航空機の飛行に警報発令

 excite ニュース 2017/03/10

北方領土の北東、カムチャッカ半島で9日、クリュチェフスカヤ山とベズイミアニ山が相次いで爆発的噴火を起こし、上空5000メートル以上の噴煙が立ち上っているとして、付近を航行する航空機に対して警戒が呼びかけられている。

ロシア科学アカデミー火山地震研究所のカムチャッカ火山噴火対策チームによると、カムチャッカ半島中部に位置するクリュチェフスカヤ山で9日、爆発的噴火が発生。

標高4750メートルのクリュチェフスカヤ山は、ユーラシア大陸最高峰の活火山で、周辺10キロ以内にあるベズイミアニ山やカーメン山など複数の火山が連山をなしている。

このような火山活動の活発化の中、名のない火山も噴火したということになるのかもしれません。

カムチャッカ半島は、下の図のように、その全域が「環太平洋火山帯」に属していまして、これは日本列島やインドネシアなどと同じですが、最近、火山活動が非常に活溌になっています。

環太平洋火山帯
環太平洋火山帯

考えてみれば、今回のカムチャッカのような「名のない火山」(観測史で考察されたことのない火山)というものも、この地球にはものすごくたくさん存在しているわけで、そういうものも活溌に活動し始める時期なのかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-気になるニュース, 火山噴火と地震活動, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.