これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象

ミャンマー北部に正体不明の巨大な物体が落下。宇宙ゴミの可能性も

投稿日:

2016年11月11日のミャンマータイムズより

myanmar-falling-objectUnidentified falling object in Hpakant

 

ミャンマー(ビルマ)北部のカチン州というところにある炭鉱地域に、11月10日、冒頭の写真のような巨大な物体が上空から落下してきたことが、地元の英字紙などで報じられていました。

ミャンマーのカチン州。「★」印が物体の落下場所
myanmar-kachin-map・Google Map

地元州政府は現段階では、落下物の正体を特定できていません。

Sponsored Link



11月10日の早朝、カチン州のパカン(Hpakant)という村で、住人たちが大きな爆発音と地面の震動を経験し、その後、その原因がこの物体の落下によるものだと判明しました。

kachin-moMystery metal lump falls on jade mine

 

物体の大きさは、長さが約 3.7メートル、直径が約 1.5メートルで、円筒状をしています。

横には、傷なのか文字なのか、何らかの紋様があります。

mo-side・Myanmar Times

 

後ろの部分に穴のようなものがあり、一見すると航空機の一部のような感じの物体です。

kachin-m1・Yannaing Pyi Sone Aung

 

しかし、この付近で航空機のトラブルは報告されてはおらず、また、ロケットやミサイルなどについての発射情報もないため、当局は現時点ではこれが何であるのか判断できていません。

衛星を宇宙に打ち上げるために使用されるロケットブースターだという意見もあり、その場合だと、宇宙ゴミということになりますが、それに該当するものが あるのかどうかはわかりません。

宇宙ゴミと思わしき物体の落下は最近比較的よく起きますけれど、それらが本当に地球由来の落下物だったかどうかは、いつも正確に確かめられることはありません。

それにしても、仮に大気圏のあたりから落ちてきたものだとしますと、結構、原型を保ったまま地面に落ちてくるものなのだなあと思います。

以前に比べ、あまりにも多く地球上に物体が落下し続けているというのは、何か周囲の宇宙環境か、あるいは重力とか磁場とかの変化などでもあるのですかね。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 異常な現象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.