これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 自然の力

米ネブラスカ州各地に2日間に渡り、さまざまなキノコ雲が出現し続ける

投稿日:

7月19日 米ネブラスカ州にて


facebook




 

全世界的に気象が荒れていく中で、以前よりはるかによく見られるようになったのが、キノコのような形をした積乱雲です。

便宜上、キノコ雲と呼ばせていただいていますが、今年も世界のいろいろな場所で出現していまして、今年 5月にも以下の記事でご紹介させていただきました。

まだ春なのに世界各地に出現する「巨大キノコ雲」

このように、世界全体を見れば、どこかでは類似した雲が出ているものと思われます。

しかし、7月18日から 19日のアメリカのネブラスカ州では、

「2日間にわたって、各地でキノコ雲が出現し続ける」

という出来事が起きていました。

それだけ悪天候が続いていたということを意味するものですが、同じような場所に次々と異なるキノコ雲が出現し続けるというのは、かなり珍しいことのように思います。

7月18日 ネブラスカ州にて


facebook

アメリカのネブラスカ州は、その「位置」が、まさにアメリカの中心にあり、政治や経済での存在感はそれほどではなくとも、地理的には「アメリカを象徴する」という印象のある場所です。

ネブラスカ州の位置

Google Map

そういう場所において、2日間にわたり、このような雲が出現し続けていたというのは、何となく示唆的な感じもします。

その様子は、SNS に数多く投稿されていますので、ご紹介したいと思います。

日中だけではなく、夜も出現し続けているのが印象的です。

 

2018年7月18日 - 19日 米国ネブラスカ州に出現し続けたキノコ雲


facebook


facebook


facebook


facebook


facebook


facebook







-気になるニュース, 異常な現象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.