これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 大量死 気になるニュース

アメリカでの新型コロナワクチンによるこれまでの死亡事例(まだ半年程度)が「過去28年間のすべてのワクチン死亡事例の総数」を上回る

投稿日:




 

アメリカ CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」の新型コロナウイルスワクチンの有害事象については、定期的にご紹介させていただいています。

最新のデータは以下の記事でご紹介しています。

[定期]アメリカの6月4日までのワクチン接種後の有害事象報告数は 32万9021件、死亡例は 5888件。「流産・死産」は 666件に
投稿日:2021年6月12日

この「ワクチン有害事象報告システム」が報告を取り扱っているのは、新型コロナウイルスのワクチンだけではなく、アメリカでのすべてのワクチンに対しての有害事象の報告が取り上げられています。

ふと気づいたのですが、現在の新型コロナウイルスの最近のデータの死亡事例報告は、以下のようになります。

・2021年6月4日までの新型コロナワクチンの死亡事例報告 5,888件データ

 

そして、CDC「ワクチン有害事象報告システム」が運営を始めて以来の 1992月1月から 2020年11月までの 28年間の「すぺてのワクチンでの死亡事例」は以下のようになります。

・1992年から2020年までのすべてのワクチン死亡事例 5,862件データ

 

アメリカでの新型コロナワクチンによる死亡報告数は、報告が集計されていたすべての期間の「他のワクチンによる死亡数を超えていた」のです。

約半年ほどの新型コロナウイルスワクチンの接種の間に、過去すべてのワクチン死亡報告事例の毎年の記録を大幅に上回っているどころか、約 30年間ほどのすべてのワクチン死亡事例と匹敵するものとなっているのでした。

過去 28年間のアメリカでのワクチンによる死亡事例報告数が 5,862件だったということは、おおむね 1年間で 209人の平均値となり、これまでも毎年平均で、ワクチンにより 200名ほどの方が亡くなっていたことになりますが、新型コロナワクチンは接種開始後(アメリカでの接種開始は、2020年12月21日)約半年ほどで、通常の「数千パーセント」という死亡率になっていることがわかります。

また、通常のアメリカでのワクチンでの死亡事例は、「 3歳未満の乳幼児が圧倒的に多い」ことがデータでわかるのですが、新型コロナウイルスワクチンはそうではないです。

以下は、1992年から 2020年までのアメリカでのワクチン総死亡事例報告です。

1992年から2020年の28年間のアメリカでのワクチン死亡事例報告数の年齢分布

VAERS

以下が、新型コロナウイルスワクチンによっての死亡事例報告の年齢分布です。

新型コロナウイルスワクチンでの死亡事例報告数の年齢分布

VAERS

現在、アメリカでは、十代の接種が進んでいる他、「 5歳までの子どもへのワクチン接種を 9月までに開始する」という予定をモデルナ社とファイザー社が発表していますので、今後若年層にも死亡事例は増加していくものと見られます。

なお、これらの死亡事例には含まれないものですが、6月4日までの新型コロナワクチンの有害事象には、

「流産・早産・死産」

のカテゴリーがありまして、これは 6月4日時点で 666件となっています。

その多くの場合で、「その赤ちゃんたちは生きて産まれることができなかった」という事例が多く含まれますので、これらは死者数にはカウントはされていませんが、その産まれなかった赤ちゃんたちの存在もあります。

新型コロナウイルスワクチンでの「早産・流産」等の事例報告数

VAERS

この流産、早産のカテゴリーの名称は実際には非常に長く、正式には、以下のようなカテゴリーです。

「妊娠中止、または自発的妊娠中止、または胎児母体出血、または胎児心臓障害、または胎児損傷、胎児死亡、または胎児心拍数異常、または胎児心拍数減速、または胎児運動低下、または胎児奇形、またはは胎児モニタリング異常、または未熟児、または未熟児の死亡、または早産、または前期破水、または死産、または超音波胎児異常」

このデータから詳細を読みますと、その多くが無事な出産ができなかった事例となっています。

ただ、これらはまだ終わった話ではなく、何度か記していますが、体内に長く残る mRNA が生み出し続けるスパイクタンパク質は、長期に渡り身体に影響を与える可能性が強く、また、最初の ADE (抗体依存性増強) の懸念の生じる時期が、数カ月後から半年後に迫っています。

これらは、ワクチンとは関連付けされないでしょうが、本格的な有害事象の大発生はこれからとなる可能性がかなり高いと見られます。







-パンデミック, 大量死, 気になるニュース
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.