これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常 気になるニュース 異常な現象

米国:ハリケーン・フローレンスによる洪水が去った後に「通常の蚊の数倍から十数倍の大きさの巨大な蚊」が大量に発生

投稿日:

ノースカロライナ州の巨大な蚊の蔓延を報じるアメリカの報道


wcnc.com




 

今年 9月に、アメリカの東南部をとても強力なハリケーン・フローレンスが襲いました。

フローレンスの特徴は「経験したことのない豪雨」だったのですが、そのために、特に、ノースカロライナ州とサウスカロライナ州では、ハリケーンが去ったあとも長く洪水の影響が続きました。

カロライナ各地が長期間の洪水に見舞われた9月中旬


ABC News

ノースカロライナ州とサウスカロライナ州

Google Map

そして、9月の下旬になり、水は引いたのですが、その後に登場したのが、

「超巨大な蚊の大群」

でした。

それは、この地域には本来はいない種類の蚊で、学術名は、「プロソフォラ・シリアタ(Psorophora ciliata)」というものですが、そのサイズ。

それは通常の 3倍から、大きなものでは「通常の20倍近くの体積がある」のです。

下の写でそれがおわかりかと思います。

ハリケーン後にカロライナに出現している巨大な蚊のサイズ


wcnc.com


wcnc.com


wtsp

これは、巨大でも、いわゆる普通の「蚊」ですので、人間の血を吸います。さらには、サイズが大きいために、血を吸われる時にかなりの痛みを感じるのだそう。

このような蚊を見たことのない住民たちは、これらの蚊の大発生に非常に悩まされているようです。

報道などでも、バケツなど屋外に蚊の繁殖する条件となる水を貯めないようにするよう忠告が繰り返されています。

バケツなどに水を貯めないようにテレビで警告


wcnc.com

蚊の駆除をおこなっている企業によれば、ノースカロライナ州とサウスカロライナ州では、蚊の駆除の依頼が通常の 3倍はあるとのこと。

今後、気温が下がると共に蚊は減っていくとみられていますが、それまでの間は、カロライナの人々は、この超巨大モスキートに悩まされそうです。

いろいろなものが登場しますね。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-動物の異常, 気になるニュース, 異常な現象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.