これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常気象 自然の力

UFO事象で名高いロシア・ヴォロネジの空に広がったマザーシップ系超巨大積乱雲

投稿日:

2017年7月13日 ロシア・ヴォロネジ

kapkovamasha

最近のロシアは、以前では考えられなかった悪天候や荒い気象状況が頻繁に出現します。

ダウンバーストやスーパーセル(超巨大積乱雲)や竜巻などといったものは、どちらかというと無縁な場所が多いロシアで、最近はそういうタイプの気象が頻発しています。

ロシアのヴォロネジでは、冒頭のように、空一面に超巨大積乱雲が立ち昇り、地元の人々は SNS などで「まるでマザーシップのよう」などと話していました。

missblack111

Sponsored Link


 

ちなみに、このヴォロネジでマザーシップ云々…という話が出て来る理由は、この場所はソ連時代に、比較的有名な「 UFO 事象」が伝えられた場所でもあるからかもしれません。

それは下のようなものです。

ヴォロネジ事件

1989年9月21から10月2日頃、ゴルバチョフ政権の下、ペレストロイカやグラスノチの政策が推し進められていた崩壊前夜のソビエト連邦の首都モスクワかに南約480キロにあるヴォロネジ市で奇妙な出来事が数日に渡り目撃された。

ヴォロネジ市は、中央黒土地帯の経済、文化の中心地であり、人口100万近い。9月21日から10月2日まで、この付近でUFOが連日数千回に渡り目撃されるが、特にこの事件を特徴付けるのは数回に渡るUFOの着陸と宇宙人と思われる乗組員の目撃である。

下はその際の目撃者のイラストのひとつですが、こういう人たちが乗り物から降りてきたということが伝えられています。

Elena Penkova

この出来事は、その後、ロシアのタス通信や AP通信によって全世界に報道され、日本でも一般紙で記事として扱われたそうです。

まあ、そういう出来事が伝えられている場所だけに、UFO 的なものとは何となく心情的に縁があるために、そういう関係の話も出て来るものなのかもしれません。

今回のヴォロネジの現象は完全な自然現象ですが、以前はヴォロネジでこのような光景は見られたことはなかったでしょうし、空を見て驚く人々の気持ちがわかります。

ロシア各地は、空の様子が以前と明らかに変わっています。

当日、撮影され SNS に投稿された他の写真もご紹介しておきます。

2017年7月13日 ロシア・ヴォロネジにて

elizahrb

 

margaret_solar

 

vk.com

 

maksim_proz







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 異常気象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.