これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 異常な現象 自然災害

マグニチュード6.5の地震が発生したインドネシアのアンボンで、その1週間前に「原因不明の数万匹の魚の大量死」が起きていたことが判明

投稿日:

2019年9月26日 M6.5の地震が発生したインドネシアのアンボン市


bnonews.com




 

ユーラシアプレート境界上の「地震の連鎖」は継続中

昨日、以下の In Deep の記事で、この数日、ユーラシアプレートの境界に沿って、比較的大きな地震が連続していることにふれました。

https://indeep.jp/solar-system-is-closet-galactic-core-now/

この記事では、以下の3つの地震を取りあげました。

上の地図のうち、インドネシアで 9月26日に発生したマグニチュード6.5の地震の被害は、その後に明らかとなりまして、9月27日までに、20人が死亡、100人が負傷し、2000人以上が避難していると伝えられています。

震源は、インドネシアのマルク諸島という諸島のひとつにあるアンボンという場所で、以下の位置にあります。

マルク諸島のアンボン

Google Map

アンボンは人口 30万人の街とのことですが、このアンボン周辺が非常に激しい揺れに見舞われたようで、被害も甚大でした。

9月26日のインドネシア・アンボンの様子


express.co.uk


fobosplanet


fobosplanet


fobosplanet

そして、実は、この震源となったアンボンでは、

「地震の発生する約 1週間前の 9月19日に、数万匹の魚が海岸に打ち上げられていた」

ことがわかりました。

2019年9月19日 魚の大量死を報じるインドネシアの地元メディア


Ribuan Ikan Mati Misterius di Sejumlah Pantai Ambon


Ribuan Ikan Mati Misterius di Sejumlah Pantai Ambon

魚は、大きなものから小さなものまで打ち上げられていたようですが、上の報道の写真を見ますと、「目が飛び出している」ような魚も見受けられまして、深海魚的な種類の魚類も打ち上げられていた可能性を感じます。

このような大量死がこのあたりの海域で起きることは普通ない上に、大量死の原因も不明だったこともあり、アンボンの住民は「何か起きるのではないか」と不安を訴えていたことが伝えられています。

もちろん、インドネシアの当局は、そういった噂を完全否定していたのですが、そこに 9月26日に、マグニチュード 6.5 の地震が発生して大きな被害が出たということで、魚の大量死と地震に関係があるのかどうなのかが議論されています。

深海魚と地震の関係は、よく言われることですが、相関関係があるかどうかはわかっていません。

なお、ユーラシアプレートの境界では、このインドネシアの地震のわりとすぐ後、トルコのイスタンブール近くを震源としたマグニチュード 5.7の地震が起きていまして、ユーラシアプレート境界での地震の連鎖が収まりません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-火山噴火と地震活動, 異常な現象, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.