これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 異常な現象 自然の力

マレーシアのバンサーに出現した、虹色に輝くマザーシップのような彩雲あるいはクラウン・フラッシュ現象

投稿日:

2019年5月28日 マレーシア・クアラルンプール近郊のバンサーにて


The Republic of Bangsar




 

マレーシアの首都クアラルンプール近くに、富裕層の方々などが暮らす高級住宅街として知られるバンサーという街があります。

そのバンサーにおいて、5月28日、非常に印象的な彩雲が出現しました。

それは、まるで虹色の輝く円盤が雲間から姿を現したような、なかかな非日常的な光景にも見えなくもない空の様相でした。

2019年5月28日 クアラルンプール近郊バンサーの空に


The Republic of Bangsar


The Republic of Bangsar


The Republic of Bangsar


The Republic of Bangsar

雲間から彩雲が見えている状態なのかなと思っていましたが、この写真が掲載されていた記事には、「クラウン・フラッシュ現象」と記されていました。

クラウン・フラッシュは、以下の過去記事で取り上げたことがあることを思い出します。

ロシアのモスクワ近郊で観測された極めて希な光学現象「クラウン・フラッシュ」

クラウン・フラッシュというのは、確定した科学的説明はないのですが、「積乱雲などに帯電した氷の結晶が、電磁界の変化で太陽光の反射を変化させる」と推定される光学現象です。つまり、このような虹色の色が「次々と変化していく」という現象のことを言うようです。

虹色の部分の色がどんどんと変化していく様相は、確かに美しいでしょうね。

思い出しますと、比較的似たような現象が、タイとベトナムで観測されていたことがあり、東南アジアの気候条件で出現しやすいものなのかもしれません。

2017年9月 ベトナム・ダクラク省で撮影された雲と光


earthreview.net

2017年10月 タイ・チェンマイで撮影された雲と光


earthreview.net

こういう現象を見ていると、単なる光学現象を超えて、雲の中から何らかの意志を持った何らかの存在が出てくる、というような感慨も出てこないでもありません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-奇跡の光景, 異常な現象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.