これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常な現象 自然災害

アメリカ五大湖のミシガン湖やエリー湖が寒波の中で「完全凍結」。イリノイ州では非常事態が宣言される

投稿日:

2019年1月30日 凍結したエリー湖


David Funk




 

カナダや、アメリカの北東部などが、過去最悪の寒波に見舞われていることは以下の記事などでご紹介していますが、その後、五大湖が凍結し始めていることが報告されています。

観測史上最低気温に近づくシカゴの -29℃の朝のミニ氷河期的光景

冒頭の写真は航空機から撮影された五大湖のエリー湖の様子ですが、ほぼ全面的に凍結していることがわかります。

下の写真は、五大湖のうちのミシガン湖の湖畔の様子ですが、ちょっと、おとぎ話的な光景ともなっています。

2019年2月1日 ミシガン湖


Instagram

ミシガン湖とエリー湖の場所

Google Map

以下は、1月30日から 2月1日にかけてのミシガン湖の様子ですが、映画などで描かれるミニ氷河期のような光景が広がっているようです。

 

2019年1月30日から2月1日のミシガン湖周辺の光景


Instagram


Lake Michigan Has Completely Frozen Over Amid Dangerous Temperatures


Instagram


fobosplanet

気温もますます下がっていて、ミネソタ州やイリノイ州では、体感気温が氷点下 50℃以下にまでなっているとのことで、この寒波に対して、イリノイ州などで非常事態が宣言されています。

アメリカのヤフーニュースによれば、これほどの体感気温ですと、風の状態によっては、「 2分間、外気にさらされるだけで凍傷になる」とのことです。

この極渦によるアメリカの寒波は、来週にはいったん収まるようですが、その後、ふたたび何度かやってくると予測されています。

その度に、今回ご紹介したようなミニ氷河期のような光景が広がることになるのだと考えられます。

中期の天気予報では、アメリカは、3月まで繰り返して極渦による影響を受けるのではないかとされていますが、どうなるか正確なところは誰にもわかりません。







-ミニ氷河期の到来, 異常な現象, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.