これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常気象

インドネシアのシナブン山で「噴煙の高さが15キロメートル」に及ぶ巨大噴火が発生

投稿日:

2019年5月27日 大噴火を起こしたシナブン火山


fobosplanet




 

このところ、世界の噴火活動が激しくなっています。

先日は、バリ島にあるアグン山が大きな噴火を起こしたことを以下の記事で取りあげさせていただきました。

インドネシア・アグン山の噴火が熾烈化。噴煙は4500メートルに上昇し、バリ島発着の航空便が運行停止

そのすぐ後に、今度は、やはりインドネシアのシナブン山が、大噴火を起こしたことが報じられていました。

科学メディア「ボルケーノ・ディスカバリー」によれば、噴煙の高さは、15キロメートルに及ぶという巨大な噴火だったようです。

噴火するシナブン山


electroverse.net


volcanodiscovery.com

シナブン山は、2018年4月に長く続いた噴火活動が終息していましたが、今月 7日に、ほぼ1年ぶりに噴火を起こしました。

そのことについては、以下の記事でご紹介しています。

インドネシアのシナブン火山が2018年4月からの13ヵ月の沈黙を破り再び大噴火

噴煙の高さの比較では、今回の噴火のほうが巨大であるようです。

5月28日のシナブン山の様子


Oystein Lund Andersen


marganjangpat

ペルーの M8.0 の大地震や、インドネシアの火山噴火の激化など、環太平洋火山帯の活動が大きくなっていることが示されている中、次はどのような動きが来るのか気になるところです。







-異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.