これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 大量死 異常な現象

アメリカでのコロナ死者数と入院患者数が急増中。ワクチン接種率全米ナンバー1のバーモント州は感染拡大が制御不能に

投稿日:




 

アメリカで、過去 2週間でのコロナ入院患者数の急激な増加が起きており、州により病床数が非常に圧迫されていることをブルームバーグが伝えていました。

米国の新型コロナ感染者の入院件数、北東部中心に急激に増加

Covid Hospital Admissions Jump in U.S., Led by Northeast States
Bloomberg 2021/12/10

感謝祭の祝日の 2週間後、アメリカでは、ニュージャージー州やコネティカット州など東部の多くの地域で新型コロナ感染症による入院が急激に増えている。

米国保健社会福祉省のデータによると、東部 12州および首都ワシントンD.C.で、コロナ感染が確認された人たちの入院件数の 7日移動平均は 2週間前との比較で少なくとも 50%増加した。

この期間の増加率が最も大きいのはコネティカット州、ニュージャージー州、バーモント州、ロードアイランド州の各州と首都ワシントン D.C. 。

オミクロン変異株に世界が注目する中、アメリカでは昨年の冬ほどではないもののデルタ株の感染増加が続いている。

アメリカの全体的な入院の急激な増加のペースは、9月頃から常に人手不足に悩まされている病院を圧迫し続けている。ニュージャージー州の入院件数の 7日移動平均は 206件と 2週間前から 78%増加した。

アメリカ全体の数字を見ますと、過去 2週間で「死者数」も急激に増加していることがわかります。

アメリカのコロナ死者数の推移(7日移動平均)

ourworldindata.org

日々の単位では、 1日の新たな死者数が 12月2日に 3,801人を記録しており、ジョンスホプキンスのデータでは、今年 1月27日以来の 1日の死者数となっています。

また、アメリカでは、ブレイクスルー感染が劇的に増えているのかもしれないということを予測させるものとして、「アメリカで最もワクチン接種率が高い」州の感染状況が破壊的なものとなっていることがあります。

それは、バーモント州(人口62万人)ですが、9月までの時点で、

・成人の 88%が少なくとも1回のワクチン接種
・成人の 79%が2回のワクチン接種

を終えているという、世界的に見ても、シンガポールなどと並ぶワクチン接種率の高さですが、そのバーモント州は、9月の時点から、アメリカで最も感染者が急増している州のひとつとなっていました。以下の記事の後半でふれています。

[定期]アメリカの9月10日までのワクチン接種後の有害事象報告は 70万件超、死亡例は 1万4925件。接種率の高い州で感染拡大と死亡事例が急増中
投稿日:2021年9月18日

バーモント州は、その後も感染拡大がおさまらず、1日の新たな感染者数、そして入院数が、日々「過去最大」を更新し続けています。

以下は、CDC のデータからです。

全米で最もワクチン接種率が高いバーモント州の状況(パンデミック全期間)

cdc.gov

バーモント州のワクチン接種率は、以下のグラフのように、10月頃からさら上昇しています。 11歳以下への接種も始まったことも関係していると思われます。

バーモント州のワクチン接種数の推移

cdc.gov

人口 62万人のこの州で、12月8日現在、二度の完全な接種回数が「 116万 6265回」とありますので、州人口全体に対してもかなりの割合に達しているようです。

青いグラフは新たな感染者数の推移ですが、11月から飛躍的に増加し続けていまして、ここまで高い接種率でこの増加ぶりを示しているというのは、ブレイクスルー感染が多くを占めていると考えられると思われます。

これは世界のどこでも起きていることですが、冬はまだ始まったばかりですので、今後どうなっていくのかが懸念されます。







-パンデミック, 大量死, 異常な現象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.