これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 大量死 異常な現象

[定期]アメリカの9月10日までのワクチン接種後の有害事象報告は 70万件超、死亡例は 1万4925件。接種率の高い州で感染拡大と死亡事例が急増中

投稿日:




 

米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。

前回分は以下になります。

[定期]アメリカの9月3日までのワクチン接種後の有害事象報告は 67万5593件、死亡例は 1万4506件。アメリカでは今後約一億人にワクチン接種が義務化されるとホワイトハウスが発表

以下は、現時点で最新の CDC の有害事象報告データです。


VAERS

有害事象の全体の報告数、死亡報告数、重症報告数のそれぞれの前回からの 1週間の推移は以下のようになります。

・有害事象報告 67万5,593件 → 70万1561件(前週から 2万5,968件増加)

・死亡事例報告数 14,506件 → 14,925 件(前週から 419件増加)

・重症事例報告数 8万8,171件 → 9万1523件 (前週から 3,352件増加) データ

まず、若い世代の有害事象報告です。

若い世代の有害事象が急激に増えているのは、この世代の接種が進んでいることが関係あるのかもしれません。

 

十代の有害事象と死亡事例

・12歳から17歳の有害事象報告 13,996件データ 前回 13,291件

・12歳から17歳の重症事例 996件データ前回は 949件

ワクチン接種年齢の下限が 12歳まで変更されたことに伴い、「 9- 12歳」の有害事象報告が増加し続けています。

・9歳から12歳の有害事象報告 695件データ前回は 640件

以下は、12歳から17歳の重症の事例の報告数と、死亡事例です。

・12歳から17歳のアナフィラキシー事例報告 2,406件データ) 前回は 2,257件

・12歳から17歳の心臓障害の事例報告 412件データ) 前回は 385件

・12歳から17歳の血液凝固障害の事例報告 83件データ) 前回は 80件

・12歳から17歳の「死亡」事例報告 18件データ) 前回は 17件

12歳から 17歳の死亡事例が 1人増えて、18件となっています。

以下は、 12歳から17歳のアメリカでの死亡事例の詳細です。ID 番号のリンク先に詳細な個別臨床データページがあります。

2021年9月10日までの12歳から17歳の 18人の死亡事例詳細

15歳 / 女性 / ニューハンプシャー州
[症状]アナフィラキシー反応、心停止
[接種から死亡まで] 1日 (ID 1187918

16歳 / 女性 / ウィスコンシン州
[症状]心停止
[接種から死亡まで] 11日 (ID 1225942

15歳 / 男性 / コロラド州
[症状]心不全
[接種から死亡まで] 2日 (ID 1242573

16歳 / 男性 / カリフォルニア州
[症状]死亡(原因不明)
[接種から死亡まで] 48時間以内 (ID 1382906

16歳 / 男性 / ジョージア州
[症状]胃腸穿孔、状態悪化、死亡
[接種から死亡まで] 4日 (ID 1386841

13歳 / 男性
[症状]インフルエンザ様疾患、死亡
[接種から死亡まで] 2日 (ID 1406840

16歳 / 女性 / ペンシルベニア州
[症状] 胸痛、血球貪食性リンパ組織球症、心嚢液貯留、長期入院、死亡
[接種から死亡まで] 73日 (ID 1420630

13歳 / 男性 / ミネソタ州
[症状] 小脳出血、 心停止、死亡
[接種から死亡まで] 17日 (ID 1431289

13歳 / 男性
[症状] 死亡
[接種から死亡まで] 不明 (ID 1463061

13歳 / 男性
[症状] 心臓肥大、 心筋炎、死亡
[接種から死亡まで] 0日 (ID 1429457

16歳 / 男性 / カリフォルニア州
[症状] 死亡
[接種から死亡まで] 27日 (ID 1466009

16歳 / 男性 / ペンシルベニア州
[症状]死亡
[接種から死亡まで]6日 (ID 1475434

15歳 / 男性 / ニューヨーク州
[症状]失神、心室性頻脈、死亡
[接種から死亡まで]4日 (ID 1498080

13歳 / 女性 / メリーランド州
[症状]心室頻拍、死亡
[接種から死亡まで]27日 (ID 1505250

13歳 / 女性
[症状]死亡
[接種から死亡まで]不明 (ID 1655100

16歳 / 男性
[症状]自死
[接種から死亡まで]8日 (ID 1576798

15歳 / 女性
[症状] 無力症、脳死、心停止
[接種から死亡まで]27日 (ID 1592684

13歳 / 男性
[症状] 多臓器不全、敗血症性ショック
[接種から死亡まで]3日 (ID 1633205

15歳 / 男性
[症状] 死亡
[接種から死亡まで]4日 (ID 1668800

次に全体です。

 

全体の有害事象事例

毎回見ている「ベル麻痺(顔面麻痺の一種)」「流産、早産」「アナフィラキシー反応」は、以下のようになっています。

ベル麻痺(顔面神経麻痺) 5,289件データ) 前回 5,107件 

流産・早産・死産 1,766件 データ) 前回 1,669件

アナフィラキシー反応 185,076件データ)前回 178,895件 

「血栓、血液凝固あるいは血小板減少」の報告は以下のようになっています。

血栓 / 血液凝固 / 血小板減少 18,804件データ) 前回 18,174件

ギランバレー症候群は以下のようになっています。

ギランバレー症候群 1,072件 データ前回 1,014件

ギランバレー症候群のメーカー別の発生数は、

ファイザー社 593件
モデルナ社  245件
ヤンセン社  218件

となっています。

 

アメリカでのワクチン接種率は、州によってかなり異なりますが、現在、アメリカで最も「高い」ワクチン接種率を誇るのが、バーモント州(人口62万人)です。

・成人の 88%が少なくとも1回のワクチン接種
・成人の 79%が2回のワクチン接種

という、世界的に見ても、シンガポールなどと並ぶワクチン接種率の高さですが、そのバーモント州は、現在、アメリカで最も感染者が急増している州のひとつとなってしまいました。

バーモント州の感染確認数の推移

NY Times、 ianmSC

また、CDCのデータを見ますと、バーモント州は、9月15日に、1日としては過去最大の死亡数を記録しています。

以下は、パンデミック全期間(2020年1月23日 - 2021年9月16日)でのバーモント州の新たな死者数の推移です。


CDC

接種率の高いハワイなども大変なことになっていますが、これから冬に入るにつれて、この傾向はさらに高まるのかもしれません。







-パンデミック, 大量死, 異常な現象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.