これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 洪水の時代 自然災害

三峡ダム付近の記録的な大雨は継続。中国26省で大規模な洪水が発生中

投稿日:

6月27日 冠水する三峡ダム下流にある中国湖北省の宜昌(ぎしょう)市

全智胜




 

中国の広範囲で記録的な大雨と、それに伴う洪水が発生しています。

大規模な洪水が起きている地域のひとつには「三峡ダム」という世界最大のダムがある場所が含まれていて、その三峡ダムが 2018年以来「基礎部分が変形してきている」ことが指摘されており、もしかすると、危険な状態にあるかもしれないことは、以下の記事などでお伝えしています。

中国南部で続く史上最悪の大洪水の中、数億人に影響を与える可能性のある「三峡ダムの決壊」は起きてしまうのか?
In Deep 2020/06/24

この記事を書きましたのは、6月24日のことでしたが、その後も中国では、地域的に大雨が降り続いているようで、6月27日の NTD の報道では中国 26省で洪水が発生し、81名が亡くなっているということで、危険な洪水の状態が続いているようです。

特に、三峡ダムのすぐ下流にあたる湖北省の宜昌市の各地は、大変な洪水となっているようで、これが大雨によるものだけの理由なのか、三峡ダムの水の緊急放出によるものなのかわからないですが、かなりの洪水被害となっているようです。

6月27日 湖北省の宜昌市。洪水に巻き込まれた車からの警察による救出

fduyuyture65

湖北省の宜昌市では各地がこのように水没している模様

fduyuyture65

中国に関しては、正確な情報の把握が難しいこともあり、実際のところはわからない部分が多いですが、中国語報道の NTD の記事からご紹介します。


中国当局の公式な情報では、暴風雨警報が中国の26省で継続している

NTD 2020/06/28

発表によれば、6月28日現在、中国 26省で洪水が発生しており、数千万人が影響を受けている。

中国水資源省は、多くの川で警報レベルを超える洪水が発生している可能性に対処し、各地に暴風雨警報を発令した。長江上流の洪水で、宜昌市などで大規模な洪水が発生している。

中国水資源部は、6月28日から 30日まで、黄淮、江淮、江南、南西などの地域で依然として大雨が発生すると予測しており、その影響を受けて、一部河川において、上流で超警報級の洪水が発生する可能性があり、暴風雨地域のいくつかの中小河川で大洪水が発生する可能性があると発表した。

現在までに、警報を超える洪水は、四川省、重慶省、広西省、広東省、安徽省、浙江省の河川で発生している。

四川省では、多くの道路が遮断され、橋が崩壊し、人々が閉じ込められている。それと共に、洪水により作物が被害を受けた。

湖北省宜昌市も大雨に見舞われ、宜昌市の上流にある三峡ダムの緊急放水が下流の宜昌市の洪水を引き起こしており、悲惨な状態となっている。

長江の三峡ダムは警告水位を超えており、23日には、揚子江の中流と下流にある 980の貯水池が緊急放水をおこなった。

中国国営 CCTV の報告によると、合計26の省、自治区、地方自治体が洪水の影響を受け、1,374万人が影響を受けており、81人が死亡または行方不明となっていると伝えている。

現在までの直接的な経済的損失は 278億人民元(約 4000億円)だという。

中国共産党の国家洪水制御および干ばつ対策本部は、最近、中国は洪水期に入っており、すべての部局に対して、川や湖の防御を強化するよう要請し、鉄砲水、地滑り、局地的な突然の強い降雨によって引き起こされる土石流などの災害の監視と早期警報に十分対応するよう求めた。







-気になるニュース, 洪水の時代, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.